トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Windows7のメモ

Windows7関係のメモをいろいろと。

新しいHDDにアップグレード版をインストール

新しいHDDにアップグレード版をインストールするときの手順メモ。元になるOSはVista Home Premium(32bit版)で、アップグレード先はWindows7 Professional(64bit版)。

 元になるOSをインストール

1.Vista Home PremiumのDVDで起動
普通にDVDから起動。
2.プロダクトキーを普通に入力
念のため「オンラインになったとき自動でライセンス認証する」のチェックは外しておく。
3.インストールの種類は『カスタム(詳細)』を選択
アップグレードは選べないはず。たぶん。
4.インストール場所を選択
『ドライブオプション(詳細)』をクリックしてパーティションの分割、フォーマットを行う。
5.ユーザー名を入力
とりあえず、適当に入力。
6.Vistaのデスクトップが表示される
Vistaのインストール終了。

ここまでで、元になるOSのインストール終了。Service Packを当てる必要はない。

 Windows7をインストール

1.Windows7 ProfessionalのDVDで起動
普通にインストールを開始。
2.『新規インストール(カスタム)』を選択
アップグレードは無視で。
3.インストール場所を選択
『ドライブオプション(詳細)』で、さっきVistaをインストールしたドライブをフォーマット。さようならVista。
4.プロダクトキーを入力
アップグレード元になるOSがインストールされてなかった場合、このタイミングでプロダクトキーがはじかれる。プロダクトキーを空白にしておくことで、一応、インストールの続行は可能。ただ、続行したところで・・・
5.Windows7のデスクトップが表示される
インストール作業終了ヽ(´▽`)/

いろいろ、設定変更

 『送る』フォルダを簡単に表示させる

sendto.png

『プログラムとファイルの検索』で“shell:sendto”を検索。これが一番楽かな。適当にフォルダを開いて、アドレスバーに直接打ち込んでもOK。

 スリープ後のパスワードを不要にする

コントロールパネルの『電源オプション』から『スリープ解除時のパスワード保護』で変更。“パスワードを必要としない”に設定。

 ハイブリッドスリープを無効にする

コントロールパネルの『電源オプション』から『プラン設定の変更』→『詳細な電源の変更』で『ハイブリッドスリープを許可する』を“オフ”に。

 SuperFetchを無効にする

sf.png

コントロールパネルの『管理ツール』→『サービス』で“Superfetch”を探してダブルクリック。スタートアップの種類を“無効”に。ついでに、サービスを停止しておく。

不要なタスクを無効にする

[コントロールパネル] - [管理ツール] - [タスク スケジューラ]でタスクスケジューラを起動して、以下のタスクを無効に。

Microsoft
	Windows
		Application Experience
			×AitAgent
			×ProgramDataUpdater
		Autochk
			×Proxy
		Customer Experience Improvement Program
			×Consolidator
			×KernelCeipTask
			×UsbCeip
		Maintenance
			×WinSAT
		Power Efficiency Diagnostics
			×AnalyzeSystem

(2009/10/24 作成)
(2009/10/26 更新)
(2011/07/24 更新)