トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

土田システム

土田システム_a.jpg 土田システム_b.jpg

“トイツ王子”こと土田浩翔氏による麻雀の解説書。

まえがきに面白いことが書いてある。

『マージャンを打っているとわかることだが、人智の及ばない不思議な力が卓を支配していることに気づくはずだ。その力の源は、つき詰めていけば太陽にたどりつく。』

この文章を読んで、“面白い”と思った人なら間違いなく楽しめる本。逆に、“また、変なこと言ってるな”と思うような人は、素直に、ほかの本をあさった方が良いでしょう(´∀`;)

個人的にはものすごくおもしろかったヽ(´▽`)/

通して読んでみての感想は、TVで土田氏の麻雀を見たときとほとんど変わらない。

 『勝つときは大トップで、負けるときは大負け』

これは、土田氏の麻雀の特徴だけど、どうしてそうなるのか? その理由がほとんど説明してある。ものすごく納得できるw

 『アガれなくても良いから役を作りにいく。』

こういうことをさらっと言える麻雀打ちは、かなり少ない気がするその上で、きっちり結果を出してる人間がどれだけいるか・・・

(´-`).。о〇(佐々木寿人と言ってることが全然違うようで・・・ けど、根っこは似てるような・・・)