▽プレミア スヌーカー リーグ その5

〜〜 マルコ・フー vs スティーブン・ヘンドリー 〜〜

今回は予選リーグ第5戦。マルコ・フーとスティーブン・ヘンドリーの試合をお送りします。

マルコ・フーきたーヽ(´▽`)/
マルコ・フーは香港の英雄。2003年のプレミア・スヌーカー・リーグのチャンピオン。

スティーブン・ヘンドリーきたーヽ(´▽`)/
スティーブン・ヘンドリーは何度もチャンピオン取ってる むちゃくちゃ強い人。キング・オブ・スヌーカー。

では、試合開始。

●第1フレーム

画面の下に現地での掛け率が・・・ さすが、イギリス。何でも賭け事にする国だなぁ。で、やっぱり、ヘンドリーが勝つと思われてるわけか。

どちらも悪くない出だしだったんだけど、ヘンドリーにミスが出たところでマルコ・フーがつききって一気にフレームを取得。

相変わらず、スタートダッシュがすごいなぁ。マルコ・フーは。あとは、センチュリーが出るようになれば絶好調なんだろうけど・・・ って思ってたら、最後まで取りきってセンチュリーだw すでに絶好調か?w

この1フレームでマルコ・フーは2000ポンドの稼ぎ。だいたい、40万円ぐらいかなぁ。

●第2フレーム

ヘンドリーは・・・ 取り出しから異常だなw 普通は入らないと思うんだけど、あれw

お互いに良いところを見せつけるゲームになってる。結局、マルコ・フーがパックを割りに行ったところで運が悪くてヘンドリーに交代。

結局、その後、ヘンドリーはミスなくとりつづけてこのフレームはヘンドリーが勝利。フレームカウントは1−1。

●第3フレーム

この人たちのボールコントロールは異常だな。ブラックの後ろに隠す勝負になりつつあるw しかも、それをミスしないwww いや、もう、笑うしかないなwww

かわいいお子様が画面に・・・ え? ヘンドリーの息子? じゃぁ、ヘンドリーは気合い入るよなぁ。

息が詰まるようなセーフティ合戦。久しぶりにこういう展開見たかなw どんな難しいボールでも普通に落としちゃう人たちでもこういう展開になるときはなるんだよなぁ。まぁ、スヌーカーなんだからこれが普通なんだけど。本当ならw

結局、ヘンドリーがワンチャンスを生かして・・・ このフレームを取得。かなり難しいポジションだらけだったんだけど・・・ やっぱり、入れる力はすごいなぁ。

これでフレームカウントは2−1とヘンドリーがリード。

●第4フレーム

マルコ・フーが果てしなく難しいセーフティーを返して・・・ その後の難しい球をヘンドリーが落としてしまう。なんというか、もう、人知を越えた戦いになりつつあるw 『うわ!』とか『すげー!』とか、見ててそんな声しか出ないよw

そして、難しい球を外して悔しがるヘンドリーw いや、もう、フレームも取ってるし良いじゃないかwww

このフレームもヘンドリーが取ってフレームカウントは3−1。ヘンドリーの負けはなくなった。

●第5フレーム

ありえねー!www

穴前にレッドが残って、どうやってこれをカバーするか考えてたら・・・ 逆に、難しいレッドを入れに行ってそれを入れてしまうヘンドリー。こいつら、スヌーカーの常識を越えたところに存在してるなww まぁ、だからこそ、プレミア・スヌーカー・リーグはおもしろいんだが。

結局、その果てしなく難しいボールを決めてからそのままセンチュリー達成。これだけ、ボールを落とす力があったらスヌーカーっておもしろいんだろうなぁ。

これで、フレームカウントは4−1。ヘンドリーの勝利が確定。センチュリー達成でボーナスは1000ポンド。

●第6フレーム

マルコ・フーは何にも大きなミスしてないのに・・・ って、ほんと、その通りだよなぁ。小さなミスとか運が悪いとか、そういうのをきっかけにヘンドリーが全部持って行っちゃう。

結局、このフレームも難しいセーフティーをマルコ・フーが攻めて、ギリギリではずれたところをヘンドリーが持って行っちゃうパターン。ただ、このフレームでは取りきる前にアンラッキーが。

ボールがキックしてマルコ・フーのチャンスかと思ったら・・・ マルコ・フーまでボールがキックしちゃう。残念。

終盤、息が詰まるようなセーフティ合戦に。ヘンドリーが難しい球を落としてこのフレームを・・・ と思ってたらボールがキック! うわ、わかんなくなってきた。ショットクロックが導入されて、手玉を拭いてもらうことがなくなったのが原因なのかなぁ。このあたりは。

結局、このフレームはマルコ・フーがとってフレームカウント4−2でヘンドリーが勝利。

どっちも調子は悪くなかったけど、ヘンドリーの好調さがマルコ・フーの好調さより良かったって事かなぁ。それとも、息子が来てたヘンドリーの気合いがすごかったのかw

スタートダッシュのすごいマルコ・フーが第1フレームでセンチュリーを決めたのに、その勢いを止めたのがすごい。

いやー、おもしろい試合だった。この次も楽しみ。


[Sports] Presented by ta3 [2005/4/6]