▽NCAAフットボール2005 #14
 〜ローズボウル〜

NCAAフットボール、4大ボウルの第3弾。ローズボウル!

今年の全米No.1が決定する試合。つまり、ランキング1位のサザンカルフォルニア大学(USC)と、ランキング2位のテキサス大学の対戦。シーズン開始前からこの試合まで、結局、どちらのチームも一度もランキングが動かなかったという恐ろしい状況。ちなみに、どちらも今シーズン全勝w

2年続けて負けてないUSC。現在、34連勝中!? この試合に勝てば35勝でトレド大学の記録に並ぶ、と。しかも3連覇もかかってる。そもそもローズボウルだし・・・ プレッシャーすごそうだなぁ。

USCのディフェンスはいまいち? けど、ターンオーバーマージンは全米No.1なのかw ディフェンスを比べたらテキサスの方に分がありそうだけど、今日、その力を発揮できるかな。

対するテキサス大学。ひそかに、こっちも19連勝中なんだな。アメリカンフットボールに関しては名門中の名門なんだけど・・・ テキサス州って、1970年以降、全米No.1になってないの? なんか、信じられない話なんだけど・・・ それが事実なら、ここでUSCを破ったりしたら、そりゃもう大騒ぎだな。間違いない。

1試合平均50得点のUSCと、平均15失点のテキサス? 数字だけ見るとかみ合わないんだけど・・・ つまり、どっちの数値がこの試合で出てくるかって事だなw

9万人以上入るローズボウルスタジアムが・・・ 満員にもほどがある!w ひとおおすぎとはこのことだな。

Q1開始。

テキサスのキックオフで試合開始。いきなり、レジー・ブッシュのリターンが見られるかな? っと、これはテキサスのディフェンスがうまく止めた。この調子でQ4が終わるまで止めきれるかどうか・・・

USCの最初のシリーズ・・・ ラン、ショートパス、ロングパスと試すようなプレイだったな。どのプレイも止められてパントを蹴ることに。まぁ、まだはじまったばかりだし、様子見って事?

パントをうけて、今度はテキサスの攻撃。ディフェンスの評判が高いテキサスで、オフェンスはどんな物なのかな・・・ って、リターナーがボールおとした!! USCの選手がボールを押さえてターンオーバー! いきなりかよ!!

USCのタックルすごいなぁ。ターンオーバーねらってのタックルなんだろうけど、うまいなぁ・・・

マット・ライナートのロングパスはお見事。そのレシーバーへのテキサスディフェンスのタックルは超強烈。テンション高いなぁw

ショートパス、ロングパス、レジー・ブッシュのランをからめて、最後はランで切り込んでタッチダウン! トライフォーポイントもきっちり決めて7−0とUSCがリード。ただの7−0じゃなくて、相手のミスをきっちり突いたって所が大事だな。

さて、今度こそテキサスのオフェンスが見られるかな。USCのQBは、さっき、良いところを見せたけど、テキサスのQBがどうか。マット・ライナートとビンス・ヤングを直接比較できるって、贅沢な試合だなぁw

テキサスの攻撃は止められて、パントかと思ったら・・・ 4th&1でいきなりギャンブル!? そして、きっちり止めるUSCww いきなりギャンブル失敗って。テキサスのパントは、あまり良い記録を出してないってのも気になる情報だな。

いきなり、ロングパスをねらうけどこれは長すぎw 相手がギャンブル失敗で、落ち込んでるところにあからさまにビッグプレイを重ねてくる。基本だけど効果的だよなぁw

USCのオフェンスは止められて、パントになるかと思ったら・・・ テキサスにフェイスマスクの反則? 結果的に1stダウン獲得か。よくあることだけど、こういう事が勝負の流れを変えたりするんだよなぁ。

レジー・ブッシュが切れ込んだ。・・・ほんっとーに速いな。25m走って競技を作ったら、学生No.1?w

USCも4th&1を残したか。そして・・・ USCもギャンブルw マット・ライナートが飛び込んだけど・・・ メジャーだ。数インチ届いてない!w 今度はテキサスのディフェンスが良いところを見せた。ってか、フィールドゴールで良いじゃんw どっちのヘッドコーチも勝負師すぎww

パスをうまく使って陣地を稼いでいくテキサス。ランをねらったところで・・・ え? ボールおとした!? これは、味方の選手が押さえてターンオーバーならず。ただ、危ないシチュエーションだなぁ。

ビンス・ヤングにUSCの選手がタックルして、QBサック・・・ って、その状況からさらにパスを投げるか! しかも通すか!ww こっちのQBもただ者じゃねぇw

さすがに、2回続けてギャンブルはしないか。ここはパントで攻撃権を渡す。

USCのオフェンスだけど・・・ レジー・ブッシュのランはおもしろいなぁ。一瞬止まって相手にフェイントをかけるのか。自分が速いから、それだけの余裕があるんだな。

7−0とUSCのリードでQ1終了。

Q2開始。

いきなり、USCが長いパスをねらってくるけど・・・ これは、不成功か。おしかった。

つぎは、レジー・ブッシュへのショートパスからランで距離を稼いで・・・ え? 最後は味方にトスした? ラグビーみたいなプレイやってくるなぁw トスはつながらなくて、テキサスに押さえられてターンオーバー。これはちょっと、もったいないプレイだったなぁ。

USCのミスから、テキサスが勢いに乗ってきた。ショートパス、ミドルパス、そしてラン。バランスよく攻めて陣地を稼いでる。あとは、きっちりタッチダウンまで持ち込めれば文句なしだけど・・・

って言ってたらボールおとしてるし! 味方がボールを押さえてターンオーバーにはならなかったけど、なかなか、調子に乗り切れてる感じはしないなぁ。結局、フィールドゴールで3点返すにとどまる。7−3とUSCがリード。

USCのチア、かわいいな(*´ー`*)

USCが長いパスをねらうけど・・・ インターセプト!? これは、アウトオブバウンドか。USCは助かったな。って、リプレイで見たら入ってるぞw レビューだw そして、インターセプト! マット・ライナートはボウルゲームで初めてのインターセプトなのか。って、それもすごいな・・・ 3年連続ローズボウルで、初めてのインターセプトか。

これで、ターンオーバーの回数はテキサスが上回った、と。インターセプト1回で、流れがテキサスに・・・ って、そんな簡単なものじゃない?w

テキサスが順調に攻めてる。短いパスからラン。いきなりラン。で、最後もランで・・・ え? タックルをうけてからトス? さっき、レジー・ブッシュがやったのと同じプレイを、今度はテキサスのビンス・ヤングがやるとはww ただ、こっちはトスがつながってタッチダウン!!

ちょっと、トスの瞬間、ヒザをついてたようにも見えたけど・・・ って言ってたら、トライフォーポイント失敗! ありえね〜w これで9−7とテキサスが逆転。

逆転された直後、USCにとっては大事なシリーズなんだけど、ここで、テキサスのディフェンスに押さえられる。結局、パントで攻撃権をテキサスに戻すことに。

テキサスの攻撃。ロングパスは惜しくも失敗したけど、そこからラン、パス、ランで一気にタッチダウン! テキサスのランがUSCのディフェンスを上回り始めた? 今度はトライフォーポイントも決めて16−7とテキサスがリードを広げた。

USCがロングパスをねらうけど・・・ 失敗。いや、失敗というか、インターセプトされてても全くおかしくなかった。ちょっと、マット・ライナートがおかしくなってきた?

残り時間が少なくなって、テキサスのディフェンスが良いなぁ。USCにロングゲインを許さない。結局、フィールドゴールをねらうことになるけど・・・ ちょっと、距離も角度も厳しいぞ。これをしっかり決めて3点返した。16−10と6点差。テキサスがリード。

Q3開始。

USCのキック、テキサスのリターンで後半開始。

テキサスの攻撃だけど・・・ 3rdダウンコンバージョン失敗。パントで相手に攻撃権を渡すことに。ここでも・・・ あまり、良いパントじゃないなぁ。パントの記録がよくないってのは本当なんだな。

ようやく、USCのオフェンスが調子に乗ってきたかな? やっぱり、マット・ライナートは低くて速いパスをぽんぽん投げるのが良さそうだ。短いパスが通れば、長いパスも通りやすくなるし、ランもうまくいくようになる、と。

パスで陣地を稼いで、最後は走り込んでタッチダウン! ポイントアフタータッチダウンもきめて17−16とUSCが逆転した。ハイズマントロフィーの選ばれたレジー・ブッシュのランが注目されてるけど、レンデル・ホワイトもやっぱりすごいなぁ。

テキサスの攻撃も調子に乗ってきた! 1回、ランでビッグプレイがでたら、パスを挟みながら、ランを中心に押し込んでる。特に、QBのビンス・ヤングが自分で走ったときは効果的だなぁ。最後も、自分で走り込んでタッチダウン! トライフォーポイントも決めて17−23。再び、テキサスがリード。テキサスは・・・ 2ポイントをねらってこないのかな?

USCはマット・ライナートが完全に調子を取り戻したか。短いパスをぽんぽん投げてる。短いパスでヤードを稼いで、攻撃の選択肢を増やしてるんだな。ゴール目前、ショートパスを通したけど、これはレシーバーの足がサイドラインを超えていてパス不成功。4th&1に追い込まれてギャンブル。

普通に考えるとフィールドゴールの状況でギャンブル。それなら、きっちり押し込んで1stダウンをとりに来るのかと思ったら、一気にディフェンスの間を抜けてタッチダウン!! まったく・・・ どこまで裏をかくのがうまいんだかw これで、24−23と再びUSCが逆転した。

テキサスの攻撃はビンス・ヤングのランが中心になってきた。っていうか、パスよりランでヤードを稼いでるQBってどうよw

Q4開始。

テキサスがフィールドゴールをねらう。距離は問題ない。けど・・・ はずれた! プレッシャーに負けたか・・・ また、キッカーにつらい試合にならなきゃ良いけど。

USCの攻撃は良いなぁ。何が良いって、ショートヤードが残ったら、レンデル・ホワイトが稼いでくれるって信頼してるのが良いな。そのための、オフェンスブロックも完璧だよ。

そして、最後はレジー・ブッシュがきたー!! 後半に入って、完全におとりに徹してたと思ったら・・・ 1チャンスで来るかー! サイドラインギリギリを駆け抜けてタッチダウン!! トライフォーポイントもきめて、これで31−23。USCが8点のリード。

タッチダウンされた後のテキサスの攻撃。ショートパスをレシーバーが落としたんだけど・・・ これは、ファンブルじゃね? 判定はパス不成功? レビューか! USCのタックルはボールを押さえてる腕にあたるように行くんだな・・・ うまいなぁ。直接、ボールに当たりに行く訳じゃないって所がいやらしいw

これは、ファンブルにならなかったか。パス不成功の判定。テキサスは助かったな。

また、テキサスの選手がボールを落とした。今度は、味方が落として事なきを得たけど・・・ まだ、何かありそうだな。結局フィールドゴール、今度は成功。これで31−26。USCが5点のリードで残り9分弱。

USCは時間を使い始めたな。残り時間を出来るだけ使って、最後はタッチダウンで2タッチダウン差をキープする、と。って、あっさりミドルパス通してくるか!! そこまで裏をかいてくるのかwww ミドルパスから倒れ込んでタッチダウン。お見事。

テキサスの選手が二人倒れてる・・・ 味方同士であたったのかな。タックルに行った瞬間に腕を挟まれちゃったか。添え木してる・・・ 折れたか。厳しいなぁ。

トライフォーポイントも決めて・・・ これで、38−26。USCが12点にリードを広げた。

テキサスの攻撃。ここは絶対にタッチダウンが必要。できれば、あまり時間も使いたくない状況で・・・ 短いパスを中心にどんどん1stダウンを稼ぐ。そして、最後はビンス・ヤングが自ら走り込んでタッチダウン! テキサスのオフェンスもすごいなぁ。これで、7点返して38−33。1タッチダウンで逆転できる点差。

で、パントはどうする・・・? オンサイドキックじゃなくて普通にパントを蹴ってきたか。とにかく、テキサスは何とかして攻撃権を取らないと駄目なんだが。

残り時間3分を切って・・・ USCの攻撃。3rdダウンコンバージョンでレンデル・ホワイトを走り込ませるけど、これはギリギリのところでテキサスが止めた! 4th&2で・・・ ギャンブルか!

レンデル・ホワイトが走り込んで・・・ 止められたか! ボールはどこよ?w メジャーだ。これが超えてれば1stダウンだけど・・・ 超えてない! ターンオーバー!! この大事な場面でレンデル・ホワイトを止めるテキサスってすげー・・・

残り2分9秒。テキサスの攻撃。ヤードはまだまだ残ってる。

USCがプレッシャーかけてる。立て続けにパスを防ぐ。長い3rdダウンコンバージョンが残った。って、このタイミングでUSCにフェイスマスクの反則か! これでテキサスは1stダウン。

残り1分とちょっと。テキサスのパスが通って、それからボールを落としたプレイでレビューが。この緊張感の中でレビューを待たせるのかー!w 判定は変わらず。先にダウンしてた、と。

ショートパスとビンス・ヤングのランで1stダウンを重ねて・・・ 最後は、ビンス・ヤングが自ら走り込んでタッチダウン!! 走れるQBって強いなぁ。そして、さらに2ポイントコンバージョンをねらうか。残り19秒を心配して、3点差にしておこう、と。

これもビンス・ヤングが自ら走り込んで2ポイントコンバージョン成功! これで41−38。テキサスが3点リード!

結局、残り16秒でUSCの攻撃。パス1回でフィールドゴール圏内まで持ち込めるかどうか・・・

ショートパスから走って1stダウン。残り8秒。ミドルパスをねらうけどパス不成功。これで、残り時間0!!

テキサスが! 35年ぶりに全米チャンピオン!!!

いやぁ〜・・・ まさか、USCが負けるとはなぁ・・・ マット・ライナートがいて、レンデル・ホワイトがいて、レジー・ブッシュがいて・・・ それでも負けるかぁ。ビンス・ヤングが強かった。ビンス・ヤングのMVPは間違いないな。

ビンス・ヤングは2年連続でローズボウルMVPか。・・・NFL行かないで、来年もローズボウルに戻ってきてくれるとおもしろいんだがw


[Sports] Presented by ta3 [2006/1/26]