▽NCAAフットボール2005 #13
 〜オレンジボウル〜

NCAAフットボール、4大ボウルの第2弾。オレンジボウル!

BCSランキング、3位のペンシルバニア州立大学と22位のフロリダ州立大学の対戦。

今シーズン、10勝1敗のペンシルバニア州立大学。唯一負けたのはミシガン大学。これも2点差、ギリギリの負け。復活してきた名門だけど・・・ 昔の強さを取り戻しつつあるような。

対するフロリダ州立大学は8勝4敗。一応、ACCっていうカンファレンスのチャンピオンだけど、オレンジボウルに呼ばれたのはビックリ。試合の結果でもビックリさせてくれるかな?

両校のヘッドコーチの勝利数をあわせると715勝!? まさに、伝説のヘッドコーチ同士の対決だなw

Q1開始。

ペンステーツのキックオフで試合開始。まずは、フロリダのオフェンスとペンステーツのディフェンスのマッチアップか。

序盤は、お互いにパントで攻撃が終わる展開。ちょっと、動きが固い?

フロリダはパス中心で攻めてるように見えるけど・・・ って、フロリダはパス攻撃はカンファレンストップで、ランはカンファレンス最下位なのかw つねにパスが中心って事なんだな。

残り7分を切って、ようやくペンステーツの攻撃が順調に回り始めたかな? 長いパスを見せておいてカウンターからラン。フロリダのディフェンスがちょっと釣られてる。最後は走り込んでペンステーツがタッチダウン。これで7−0とペンステーツがリード。

フロリダの攻撃はパントで終了。

ペンステーツはエースランニングバックが足首を負傷してる!? これは嫌な情報だなぁ・・・

ペンステーツが長いパスをねらったところで、フロリダの選手がインターセプト! そこからのリターンもよかった。って、ターンオーバーの直後に長いパスをねらうけどこれは失敗かw

結局、ターンオーバーで得た攻撃権は得点ならず。パントで攻撃権を相手に渡すことに。

結局、7−0とペンステーツがリードしてQ1終了。ちょっと、パントが目立つ展開だなぁ。

Q2開始。

ペンステーツがランを中心に攻めてるけど・・・ いろいろやってくるなぁ。QBが走るのはスクランブルなのかデザインなのか。いや、普通に考えるとスクランブルかw ただ、フロリダのディフェンスもよく対応してる。

フロリダの攻撃だけど・・・ QBがボールを落とした!? 最後は、フロリダの選手が押さえてターンオーバーならずか。それにしても、危ないシーンだ。

再び、フロリダがパス中心に順調に攻めるけど・・・ 長いのをねらったところでインターセプト! ちょっと、おかしかったな。ミス・コミュニケーションか。

せっかくインターセプトで得た攻撃権だけど、これも守りきられてパントを蹴ることに。この試合、何度目のパントだ? これをフロリダの選手がリターンで走って、走って・・・ そのまま、走りきった!w パントリターンタッチダウンきたー!

パントの多い試合だと思ってたけど、まさか、そこからビッグプレイが来るとは。これで7−7の同点。

ここで、ペンステーツの攻撃をしっかり止めれば、流れはかなりフロリダに来そうだけど・・・ 3rdダウンコンバージョンもしっかり止めた。これで、ペンステーツはパントを蹴るしかない、と。フロリダに、流れが来るかな?

って、フロリダにランでビッグプレイきたー!! パス中心のチームなのに、2回続けてランでビッグプレイかよ!ww いつも通りのスイングパスから、相手のディフェンスの間を抜けて・・・ そのまま、一気にタッチダウン。これが勢いの差なのかなぁ。

ポイントアフタータッチダウンも決めて・・・ って、これを外した!w だめだってばww 7−13とフロリダが逆転したのは確かなんだけど、ペンステーツも1タッチダウンで逆転できる状況に。おもしろくなってきたw

ペンステーツの攻撃はパントで終了。点を取られた後のシリーズは、きっちり点が欲しいところ何だけどなぁ。

残り2ヤードからフロリダの攻撃になるけど・・・ ペンステーツのディフェンスが見事なタックル! この場合、フロリダの自殺点になるのかな? レビューの結果は・・・ 自殺点じゃなくて、その前のダウンって事になったか。フロリダは命拾いしたな。

フロリダはパントで危ない陣地を逃れて・・・ って、このパントはいまいちだな。まぁ、残り20秒切ってるし、安全に前半を終わらせようって事か。

ペンステーツからすれば、1回パスを通せばフィールドゴールがねらえそう。前半で、3点差に縮めておけば楽になるよなぁ。って、きっちりパスを通してきた。そのまま、フィールドの外に出て時計も止めてる。完璧。

フィールドゴールの前に、もう1回プレイするのか。って、長いのを投げてきた。これが・・・ 通った! タッチダウン!! なんなんだww ありえねー!ww

フロリダの隙をついて、フィールドゴールで3点縮めてOKじゃないのかw しっかり、タッチダウンで同点。ポイントアフタータッチダウンまで決めて逆転で前半を終わるとは・・・ ペンステーツすごいな。

結局、14−13とペンステーツが1点リードした状況で前半終了。

フロリダのキックで後半開始。

良い形で前半を終えたペンステーツ。ここも、しっかり得点が欲しいところ・・・ けど、あっさり止められてるなぁ。結局、パントを蹴ることに。

延々とパントをけり合う展開。どっちもディフェンスががんばってる・・・ というか、オフェンスがちょっとおかしいような。特に、ペンステーツのオフェンスがおかしいように見えるけど・・・ やっぱり、エースランニングバックが痛んだのが苦しいよなぁ。

残り2分を切って、フロリダが4thダウンギャンブルに・・・ これも、ペンステーツのディフェンスが止めた。フロリダのランプレイを読み切ってたのかなぁ。これで、ペンステーツは良い位置から攻撃を開始することに。

結局、最後の攻撃もパントで終了。Q3だけで8回のパント? 完全に、ディフェンスよりのゲームだなぁ。フロリダのディフェンスが活躍してるのと、ペンステーツのランニングバックが負傷したのがかみ合って、こうなってるのかな。

Q4開始。

フロリダが厳しいポジションから攻撃を開始。ペンステーツのディフェンスが激しいタックルをしかけて、フロリダの選手はボールを投げ捨てたけど・・・ これが、結果的にセーフティの判定に。つまり、フロリダの自殺点。

これで、16−13とペンステーツのリードが3点に広がった。

ようやく、ペンステーツの攻撃が有効になってきた。と言っても2ヤード、3ヤードと、少しずつ着実に進めてる感じ。どこかで大きいのをねらってきてもおもしろいんだけど。良いポジションまで進んで、けど、フィールドゴールじゃ無くてタッチダウンねらいか。

って、え? ボールおとした!? これをフロリダの選手が押さえてターンオーバー! 結果的に、フロリダはペンステーツの攻撃をここでも止めたのか。

厳しいポジションからだけど、ここから点を取れれば・・・ というか、フィールドゴール1回で同点なんだよな。まだまだ、どうなるかさっぱりわからない。

残り7分ちょっと。ここに来て、ようやく、フロリダに長いパスが出てきた。Q1以来だな。というか、Q1でよかった攻撃を、ずっとやってなかったんだよな。ここに来て、伝家の宝刀を抜いたって感じ?

ペンステーツの31番が倒れてる。ディフェンスの支柱になってたポスルーズニー!? うわ。フロリダの選手の頭がひざの上に入って、嫌な角度に曲がってる・・・ 靱帯、やっちゃったかな? 結局、カートでロッカーへ。これは、ペンステーツピンチだなぁ。

残り4分。フロリダはフィールドゴールをねらって・・・ 成功! これで、16−16の同点に追いついた!

ポスルーズニーがバックヤードから戻ってきた。松葉杖にアイシングって事は、もうプレイは出来ないけど、サイドラインから見守りたいって事だよなぁ。これで、ペンステーツの選手は気合いを入れないとね。

残り2分。ペンステーツが良いパスを2本続けて通してきた。これで、フィールドゴール圏内。え〜っと・・・ どうするの? 出来るだけ時間をつぶして、それからフィールドゴールでOK? それとも、きっちりタッチダウンを狙いに行くのかな?

ランプレイできっちり時間を使って、フィールドゴールか。このキックが・・・ はずれた!!!!!!!!!!!!! え〜〜〜・・・ 何が起こった? スナップ、ホールド、ブロックもされてない・・・ 純粋に、キックミスか。この1年生キッカーには厳しい状況だなぁ・・・ ケビン・ケリー、まぁ、来年がんばれ。

そして、残った時間はそのまま流れてオーバータイム突入! また、オーバータイムか!!w

オーバータイム開始。

まずはフロリダのオフェンス、ペンステーツのディフェンスか。

フロリダは短いパスから入ってきた。オーソドックスなランとあわせて1stダウンはとるけど・・・ 次のシリーズは止められた。長いパスをねらったところで、インターセプトされなかっただけでもラッキーか。

最後は、フィールドゴールで・・・ って、え!? これもはずれたー!!! だから、ありえないって・・・ なんなんだ、この展開は・・・

これで、ペンステーツはフィールドゴールを決めれば勝利。フィールドゴールを蹴るために、良いポジションを得る攻撃って事になるな。で、さっき、キックを外したケビン・ケリーに、いきなり、汚名返上のチャンスが来るのかw

良いポジションを取れればそれで良いのに・・・ ちょっと、QB倒されすぎ。まぁ、ちょっと遠いけど角度は悪くないか。センターから、38ヤードのフィールドゴールトライ。

って、またはずれた〜〜〜〜!!!!! おいおい・・・ どうなってるの? いや、マジで・・・ 練習なら、全く問題ないだろうに・・・ これが、オレンジボウルのプレッシャー?

セカンドオーバータイム。

あ〜・・・ ヘッドコーチやさしいな。ジョー・パタードがケビン・ケリーの肩をやさしく抱いてるよ。まぁ、また、チャンスは必ず来るさ。

さて、今度は、ペンステーツが先行か。タッチダウンパスをねらってきたけど・・・ これは、わずかに長すぎたか。先行なら、きっちり7点取って、フロリダへにプレッシャーをかけたい、と。

と、今度はランで切り裂いてきた! もう、ゴールエリアは目の前。最後もランで決めてタッチダウン! 今度は、トライフォーポイントでケビン・ケリーの出番。ここは、ようやく、きっちり決めたかw

フロリダの攻撃。タッチダウンが絶対に必要な状況。

まずは、パスできっちり1stダウンを獲得。つぎは、ふわっと浮かせたパスでレシーバーの長身をうまく使った1stダウン。もう、ゴールエリアは目の前。最後はランで押し込むかな・・・ きっちり押し込んでタッチダウン!

あとは、トライフォーポイントを決めれば再び同点・・・ これをきっちり決めて同点! 23−23! オーバータイムは続く!ww

トリプルオーバータイム。

オレンジボウルのカップに山ほどのオレンジが詰め込まれてるw そして、お客さんが疲れ切ってるww さすがに4時間を超えるゲームで、これだけ盛り上がってたら疲れるよなぁ。

さて、ここからは、トライフォーポイントは2ポイントをねらわないと駄目なんだな。

今度はフロリダの先行。

良いパスが通ったように見えたけど・・・ 不成功の判定? レビューされるか。結局、不成功かぁ。フロリダはかなりピンチ。

ここでねらったパスも不成功。38ヤードのフィールドゴールトライに・・・ あれ? さっきも、こんなシチュエーションあったな。これは・・・ ポストにあたって跳ね返った!! 何なんだ・・・ こっちのサイドはフィールドゴールが入らない呪いでもかかってるのか!? いや、もう、ありえなさすぎ。

これで、ペンステーツには絶好のチャンス。フィールドゴールを決めれば勝利・・・ あれ? これも、さっきあったようなw

慎重になってるペンステーツがタイムアウトを取った。その、タイムアウトが開けた瞬間に、今度はフロリダがタイムアウト。これは・・・ プレッシャーをかけてる?w

ペンステーツはランプレイで1stダウン。これは、良いポジションからフィールドゴールじゃなくて、タッチダウンをねらってきたかな? って、そうかと思ったらケビン・ケリー出てきた!

29ヤードのフィールドゴールトライ・・・ 決まったー!!! 外して、外して、最後はきっちり決めてペンシルバニア州立大学の勝利!!

ケビン・ケリーは良い思い出になるかな、これはw フロリダのキッカーは残念な結果だけど・・・ けど、前評判を考えたらフロリダは大健闘だよな。そもそも、BCSランキングで3位と22位の対戦だったんだからw

いやぁ・・・ 良いゲームだった。オレンジボウルの歴史に残るね、これは。どっちのヘッドコーチも良い味出しすぎw


[Sports] Presented by ta3 [2006/1/25]