▽NCAAフットボール2005 #11
 〜ハワイボウル〜

ハワイボウルはネバダ大学とセントラルフロリダ大学の対戦。ハワイボウルだけどハワイの大学が出てないんだな。

今シーズン、8勝3敗のネバダ大学と8勝4敗のセントラルフロリダ大学。って、セントラルフロリダ大学は昨シーズン0勝かよw なにか、ヘンなことでもやっちゃってたのかな? そこから、今年は8勝してるんだからお見事。

Q1開始。

最初のシリーズで、いきなりセントラルフロリダ大学にビッグプレイ! 長いパスを見事に通してタッチダウン! レシーバーはボールをはじきながら何とか押さえたって感じw これで7−0とセントラルフロリダがリード。

ネバダのチア、かわいいな(*´ー`*)

残り10分を切ったところで、今度はランでビッグプレイが。セントラルフロリダの選手がディフェンスの間をすり抜けて、そのまま長い距離を走ってタッチダウン。セントラルフロリダのオフェンスブロックもうまいなぁ。これで14−0とセントラルフロリダがリードを広げた。

ネバダ大学もランプレイで逆襲。不思議なフォーメーションからランで抜け出すけど、これは、ギリギリのところで止められる。すでに、タッチダウンエリアの目前・・・ って、あっさり走り込んでタッチダウンw これで14−7と7点返した。

ネバダ大学のオフェンスはおもしろいフォーメーション使うなぁ。というか、月刊タッチダウンの編集長が、見たこともないようなフォーメーションがいっぱいあるってのも問題のようなw

ネバダ大学のディフェンスはタックルすごいなw これで、セントラルフロリダのボールをはじかせて、そのままターンオーバー! ねらってやってるんだろうなぁ・・・

あ、レビューの結果、ボールを落とす前にダウンしてたって事になったのか。セントラルフロリダは助かったな。

セントラルフロリダがフィールドゴールで3点追加。ちょっと遠かったけどしっかり決めた。

残り2分を切ったところで、ネバダのQBが苦しい姿勢からパスを投げるけど、これをセントラルフロリダの選手がインターセプト! ちょっと、パスが苦しすぎたか。

17−7とセントラルフロリダがリードしてQ1終了。

Q2開始。

セントラルフロリダがフィールドゴールをねらうけど、これははずれた。せっかく、ターンオーバーで手に入れた攻撃権だったんだけど、ちょっともったいないなぁ。

残り12分のところで、ネバダにビッグプレイが。ランで長い距離を走って・・・ タッチダウン!? いや、1ヤード手前で倒されてるのかww まぁ、結局、次のプレイで押し込んでタッチダウン! これで17−14と3点差に迫った。

セントラルフロリダは攻撃を止められてパントにもミスが出て・・・ ちょっと、流れを失いつつあるように見えるなぁ。そして、ネバダの攻撃で、写してるTVカメラまでフェイントかけられてるよw

ネバダはフォーメーションがおもしろいだけじゃなくて、フィジカルも強いんだなぁ。普通の当たりでも、しっかり、押し込んでる。ネバダが押し込んでタッチダウン! 21−17と逆転した。

つぎのセントラルフロリダの攻撃はしっかり止めて、パントを蹴らせて・・・ 流れもネバダに傾いてるなぁ。

良いランプレイを2回続けて一気にタッチダウン! 14点差をつけられてたのに、逆転して、さらに点差を広げてる。これで28−17と11点差。ネバダがリード。

セントラルフロリダはタッチダウンパスをねらうけど・・・ ネバダのディフェンスがしっかり防いだ。フィールドゴールはしっかり決めて3点追加。セントラルフロリダが28−20と8点差まで追いついた。

勝ってるネバダなんだけど・・・ 残り18秒でタイムアウト使ってきたw ここから、さらに点を取るつもりか!?w って、逃げて逃げて・・・ パスが通った! タッチダウン!!ww と思ったらフラッグ? ん〜・・・ おもしろいプレイだっただけにおしいw

結局、28−20とネバダ大学が8点リードして前半終了。

Q3開始。

前半はネバダのQBがスクランブルから好きに走ってたんだけど、ようやく、セントラルフロリダのディフェンスが対応できてきたかな。

セントラルフロリダの84番、シングルハンドキャッチおもしろいww

セントラルフロリダの選手が走って走って・・・ そのままタッチダウンw ネバダのディフェンスにつかまりながらも、そのまま、何とか走り込んだって感じ。2ポイントコンバージョンをねらうけど、これは失敗。それでも、28−26と2点差まで追いついた。

ネバダのおもしろいフォーメーションが通じなくなってきたなぁ・・・ 逆に、セントラルフロリダがディフェンスから流れを取り戻しつつあるような。

セントラルフロリダは地味に陣地を稼いで、最後は飛び込んでタッチダウン。で・・・ また、2ポイントをねらうのか。これは失敗してトライの6点のみ。32−28とセントラルフロリダが逆転した。ただ、ポイントアフタータッチダウンを2回しっかり決めてれば6点差に出来てたわけで・・・ このあたりは微妙な判断だなぁ。

Q4開始。

ネバダがランで陣地を稼いで、最後も走り込んでタッチダウン! セントラルフロリダのディフェンスが対応したことに、さらに対応し始めた。このあたりの柔軟性は見事だな。これで35−32とさらに逆転。

ネバダの攻撃はラン中心で良い感じだったんだけど・・・ セントラルフロリダの選手がボールをかき出してターンオーバー! ここに来てターンオーバーは痛いな。

って、セントラルフロリダが長いパスをねらったところで、今後は逆にインターセプト!! そこからのリターンもよく走った。イエローフラッグが出てるけど・・・ パーソナルファールで15ヤード下げられたか。まぁ、それでも、ターンオーバーは大きいな。

また、ネバダの攻撃が勢いを取り戻してきたような・・・ 勢いの差なのかなぁ。ラン中心で良い感じに攻めてる。最後はパスを通してタッチダウン! これで42−32と、点差を10点に広げた。

残り3分とちょっとで2ポゼッション差。セントラルフロリダは厳しくなってきた。

セントラルフロリダはパスを中心に陣地を稼いでるけど、それは、逆にネバダの計算通りなのかなぁ。時間を使うことになってるし、1回でもインターセプトが決まれば、ほぼ、そこで試合終了だしなぁ。

インターセプトねらってるのかと思ったらQBサック! セントラルフロリダは厳しいなぁ。フィールドゴールをねらうにしても、ちょっと遠い? これはしっかり決めて3点返した。42−35とネバダが7点リード。。

そのまま、攻撃権を取るためにオンサイドキックをねらって・・・ え? 成功!? オンサイドキックって成功率20%ぐらいだと思うんだけど・・・ この状況で決めてくるのはすごいw

セントラルフロリダは残り1分30秒でタッチダウンが必要。さて、どういう攻撃をしてくるかな。

あっさり、パスをつないで良いところまで来て・・・ 最後もパスでタッチダウン!! 最後は、きっちりエースレシーバーなんだなぁ。これで42−42の同点!! ただ、55秒も残しちゃったけど・・・ どうするのかな?

今度はオンサイドキックはねらわないか。深いところからネバダに攻撃させて、防ぎきる、と。逆に、ネバダは55秒使って、フィールドゴールを決められれば問題ないんだけど・・・ さて、どうなるかな。

セントラルフロリダはビッグプレイを許さず・・・ 結局、オーバータイム突入!

オーバータイム開始。

オーバータイム見るの久しぶりだなぁ・・・ まずは、セントラルフロリダが守備か。

ちょっと、パスのレシーバーが倒されてあやしい場面もあったけど、最後はしっかり走り込んでネバダはタッチダウン成功。ポイントアフタータッチダウンもしっかり決めて49−42。

セントラルフロリダの攻撃は、ラン2回であっさりタッチダウン。あっさりすぎてちょっとビックリw ポイントアフタータッチダウンが・・・ はずれた!! えー!? キックしたボールが右にはずれてゲームセット。最後はポストにあたってるのかな?

49−48でネバダ大学の勝利。

ただなぁ・・・ キッカーが外して勝負有りってのは・・・ アメリカンフットボールの一番残酷なシーンだよなぁ。あのキッカーは、一生忘れないんだろうな。

セントラルフロリダがリードして、ネバダが逆転して、さらにセントラルフロリダが追いついて・・・ 派手なゲームだったけど、最後は残酷な形で決着がついたな。けど、これもアメリカンフットボールだ、と。良いゲームだった。


[Sports] Presented by ta3 [2006/1/20]