▽NCAAアメリカンフットボール その1

NCAAアメリカンフットボールを見守るコーナーです。

スカパーのJSportsチャンネルとESPNチャンネルで放送されている試合の中から、自分が見れる試合だけを取り扱っています。そのため、内容に偏りがありますがまぁ、そこは、あきらめてやって下さい(´∀`;)

今回は、2004年〜2005年シーズンの試合で、2004年10月末までに見た試合のまとめを。

参考リンク:

J SPORTS オフィシャルサイト
http://www.jsports.co.jp/

スポーツ・アイ ESPN
http://www.sports-i.co.jp/

#1 コロラド州立大学 vs コロラド大学

祝・新シーズン開幕ヽ(´▽`)/

コロラド大学はいろいろとスキャンダルがあったあとの2004年シーズン開幕。それでもお客さんが入ってくれて喜んでるってところなのかな。

NCAAでも反則者のナンバーを呼ぶようになったのかー

Q1でコロラド大学に17点リードされて、終わったかと思ったら・・・ 気がついたらQ4で同点に追いついてる。いきなり面白い試合やってるなー

Q4も中盤になってコロラド大学がいきなり10点とって突き放す。けど、また、コロラド州立大学が地味に点を取って近づく・・・

残り2分で24−27の3点差。フィールドゴール1回分の点差。

あ〜・・・ 最後、逆転のチャンスはあったんだけどなぁ・・・ 結局、コロラド大学が勝利。おしかった。

#2 テキサスA&M vs ワイオミング大学

9.11の同時多発テロから3年。この試合が行われたのが9月11日でした。

ちなみに、アメリカで一番大きいのがテキサス州。テキサスA&Mは元軍学校らしく、女性によるチアリーダーはいないらしい(´・ω・`)

立ち上がりA&Mが点を取ったあと、地味な展開が続く。後半のQ3になって、追いかけるワイオミングの攻撃の時にA&Mにインターセプトが出てそのまま、インターセプト・リターン・タッチダウン。この時点で17−0。

雑談が面白かった。昔のA&Mの話らしい。
50年前の話とはいえ、75年で合宿に行って最後まで残ったのが25人で、その25人でリーグ優勝するってすごいな・・・ フットボールって、最低でも24人ぐらい。普通は50人ぐらいでやるゲームなんだけど。そりゃ、伝説にもなるな(笑) ジャンクション・ボーイズか。

終わってみればA&Mが31−0で完封。ワイオミングのディフェンスも頑張ったんだけど、今日は、A&Mの日だったね。残念。

#3 アリゾナ大学 vs ウィスコンシン大学

パック10のアリゾナ大学とビッグ10のウィスコンシン大学の試合。ローズボールの前哨戦か? 今回はアリゾナ大学のスタジアムでの試合。9月18日に行われたゲーム。

アリゾナ大学の学生は3万3千人・・・ でかいなぁ。で、スタジアムは6万5千人収容。最近は6万1千人ぐらいのお客さんが来る、と。NCAAフットボールの人気の高さがよくわかる話。

Q2の途中、雨でゲームが中断!? 88分間雨で中断。落雷だったのかも。

地味な展開のままQ4に突入。Q4に入ってウィスコンシンがタッチダウンを決める。が、しかし、その後のトライフォーポイントをはずす。7−6でアリゾナ大学が1点リード。

残り5分を切ったところでウィスコンシン大学がフィールドゴールで3点追加。このゲームが始まって、初めて7−9とリードを奪う。

残り1分を切ったところでアリゾナがフィールドゴールトライ。が、はずしてしまう。雨の降ったゲームの後半。難しい条件だったけど・・・ 決めないとねぇ。決めてれば勝つ可能性がずっと高まってたんだけど。ん〜 残念!

結局、7−9のままウィスコンシン大学が勝利。開幕から3連勝らしい。

#4 TCU vs テキサスTech

どちらもテキサスにある大学。
テキサスTechはパスを中心にした攻撃で有名なんだけど、立ち上がり、それほどパスは投げてこない。むしろランを中心に攻めを組み立てているように見える。

ターンオーバーから流れに乗ってタッチダウンを決めるTCU。この時点でアウェーのTCU7−0とリード。もっとも、タッチダウンの判定はかなり疑わしかったような・・・

テキサスTechはいまいち調子が出ていない。攻撃の流れが悪い感じ。ミスも重なって気がつけば21−0と大差でTCUがリード。

Q2も後半になって、ようやくテキサスTechがパスを中心にした攻撃を見せ始める。この日は風が強かったので、序盤はパスを控えめにしてたのかな? 結局、うまくいかないのでいつもの攻撃に戻したようにも思える。

結局、Q2も残り8秒のところでテキサスTechが同点に追いつき前半終了。前半はターンオーバーから点を取るTCUとパスから点を取るテキサスTechといった感じだった。

後半、TCUのディフェンスが目に見えて悪くなる。動きが重いというか、鈍い感じ。テキサスTechは前半の勢いのまま攻め続け、21−42のダブルスコアまで持って行く。その後、TCUの反撃もあったりしたんだけど、結局、終わってみれば35−70のダブルスコア。

テキサスTechのパスを中心としたオフェンスは、やっぱり、見てて面白いな、と。

#5 テキサス大 vs ライス大

1962年の9月の12日、35代大統領のJ.F.ケネディが宇宙計画の宣言をしたのがライス大学らしい。NASAのお膝元。日本ではあまり有名じゃないけど、アメリカではエリート校として有名。その大学が今日は強豪のテキサス大と試合。面白そうだ。

まぁ、冷静に考えるとテキサス大の勝ちなんだけど(笑) テキサス大はフットボールのエリート校だからね。

チアリーダーだけなら良い勝負かな。テキサス大のチアリーダーかわいい。ライスもかわいいんだけど・・・ これ、貧乳じゃないと入れないとかそんな基準があるのかな? アメリカのチアリーダーにしては珍しいほどの貧乳揃い。逆に新鮮(笑)

試合の方は立ち上がりからテキサス大が順調に攻め続ける。Q1の中盤でライス大がフィールドゴールを決めるけど、そんな物はなかったかのようにテキサス大が点を重ね続けて、Q1が終わったところで21−3と大量リード。

Q2以降はライス大が何とか耐え続けるような展開。ところどころ良いプレイも見られるんだけど、さすがに、逆転できるほどじゃない。

結局、35−13でテキサス大が勝利。後半は、テキサス大もメインのメンバーを下げちゃったかな。やっぱり、力の差ははっきりしてた試合だった。

テキサス大の強引な攻めがときどきみられたけど、逆に、ここまで強引にやってもらえると見てて面白いな。

#6 カンザス大 vs テキサスTech

少し前の試合で大差をひっくり返して逆転勝ちをしたテキサスTechがカンザス大学に乗り込んでの試合。

試合が始まって早々に前回と同じように4thダウンギャンブルを仕掛ける。って、これ、ウケねらいでやってるんじゃないだろうな?(笑)

Q1、Q2はテキサスTechがターンオーバーされるケースが目立つ。そして、ターンオーバーからのチャンスを確実にタッチダウンに結びつけるカンザス大学。

Q2の途中からは反則も増えてきて、すこし、荒れた展開に。すこし、のんびりした気分で見ていたら、残り30秒を切ったところでテキサスTechがロングパスから一気にタッチダウン。テキサスTechとしては良い形でQ2を締めくくる。とはいえ、この時点で30−11の大差。

Q3に入って、テキサスTechが持ち味のパスを中心とした攻撃を展開。細かいミスもあったりしたけど、徐々に点差を詰めていき、Q3終了時点で30−24。

カンザス大学のチアリーディングは大会でも何回も優勝してるらしいけど・・・ たしかに、レベル高い。かわいい(笑)

と、よそ見をしていたら、テキサスTechにビッグプレイが。テキサスTechには珍しくランで一気に70ヤードのタッチダウン! トライフォーポイントも決めて30−31と逆転!!

残り少ない時間でフィールドゴールを狙うカンザス大学だけど・・・ この大事なところでパスが乱れてターンオーバーを許してしまう。

結局、30−31のままでゲームは終了。最大で25点差があったのをひっくり返したテキサスTechはお見事としか言いようがない。

Q2が終わったときはどうなるかと思ったけど、終わってみたら非常に面白い試合だった。テキサスTechはこの後、強敵オクラホマ大学との試合らしいんでそれも楽しみ。

#7 パーデュー大学 vs ウィスコンシン大学

守備が固い事で有名なウィスコンシン大学と攻撃が強い事で有名なパーデュー大学の対戦。ちなみに、パーデュー大学のホームでの試合。

前半が終わって0−7とウィスコンシン大学がリード。ここまではウィスコンシン大学がしっかりとパーデュー大学の攻撃を防ぎきった展開。

Q3の中盤になってようやくパーデュー大学がタッチダウンを決めて同点に。

Q4に入ってパーデュー大学がフィールドゴール、タッチダウンと立て続けに得点を入れて17−7とリード。ウィスコンシン大学のミスを見逃さなかった。ようやく、攻めの形が出てきたように見えるパーデュー大学。このまま、パーデュー大学が攻めきって試合が終わるのかと思ったら・・・

残り6分のところでウィスコンシン大学がタッチダウンを決める。さらにその後、パーデュー大学にファンブルが。きっちりフォローしたウィスコンシン大学がそのままタッチダウン! この時点で17−20と見事な逆転を見せる。やっぱり、ミスをしたら点は取られる物だね。

その後のトライフォーポイントをパーデュー大学がブロック。3点差のままで緊張した残り時間になったんだけど・・・ 結局、パーデュー大学のキッカーがフィールドゴールをはずしてゲームセット。

パーデュー大学はホームで、おしい試合を落とす事になった。ミスがなければ・・・ フィールドゴールを決めていれば・・・ まぁ、アメフトってのはたいていこういう原因で試合が決まるわけだけど、もったいなかったね。

#8 オクラホマ大学 vs テキサスTech

またも、テキサスTechの試合。テキサスTech多いなぁ(笑) ちなみに、オクラホマ大学のホームでの試合。

ゲームは淡々と進んで、Q3が終わって21−6とオクラホマ大学がリード。今日も相変わらず大差で負けているテキサスTech。チーム全体がスロースターターなのか?

Q4に入ってオクラホマ大学にすごいプレーが。クォーターバックはタックルをうけながら人がいないところにボールを投げて、それを、走り込みながらキャッチしてタッチダウン。これでオクラホマ大学が28−6と大差でリードとなる。

残り10分少々。さすがにテキサスTechは厳しくなってきたか。そう思いながら見てると、テキサスTechのパスがインターセプトされてしまう。結局、オクラホマ大学がフィールドゴールを失敗して、点差は動くことなくテキサスTechに攻撃権が戻ってきたけど・・・ 雰囲気的にも、さすがに、ここからの逆転は厳しいか。

結局、テキサスTechは1タッチダウンを返しただけでゲーム終了。28−13とオクラホマ大学がホームで完勝という結果になった。

全体を振り返ってみると、テキサスTechの良いパスがあまりでなかった。逆に言うとオクラホマ大学の防御陣がすごくしっかりしてた。

あと、オクラホマ大学には良い意味で目立つ選手が多いね。ジェイソン・ホワイト。今年のハイズマン・トロフィーの候補。あと、エイドリアン・ピーターソンの走りもすごかった。これで、ついこの前高校を卒業したばかりだって言うんだから異常。どっちも、覚えておこう。

#9 バージニア大学 vs フロリダ州立大学

同じカンファレンスで6位と7位の戦い。好ゲームの予感がしてたんだけど・・・ ちなみに、フロリダ州立大学のホームでの試合。

前半、点差はそれほど開いていないけど、どうも焦りが感じられるバージニア大学。Q2の終了直前になんとかフィールドゴールを返す。

Q3に入ってもフロリダ州立大学が順調な攻めを見せる。長いパスもきれいに決まり始めて、圧倒的にフロリダ州立大学のペースか。結局、Q3終わって3−22。

Q4も開始早々、フロリダ州立大学がタッチダウンを決める。3−29。全体的にバージニア大学の防御陣はランにはちゃんと対応できてるんだけど、フロリダ州立大学のパスはうまく止めれていない。

結局、3−36でフロリダ州立大学の勝利。まだ、どちらも、優勝の可能性はあるんだけど、バージニア大学の負け方はショックが大きいんじゃないかなぁ。結局、後半は1点も取れないで17点も取られちゃったんだから。

#10 UCLA vs アリゾナ大学

PAC10同士の試合。世界でも少ない10万人はいるスタジアムのローズボウルスタジアムでの試合。いちおう、UCLAがホームになるのか。

アリゾナ大学のマイク・ストゥープス監督はリアクションが派手なので有名。実力もあるんだけど、だからって、監督に専用のカメラを用意するのはどうだろう?(笑)

Q1がおわって9−3。どちらのチームにも面白いプレイがでてて面白い。

Q2の終了間際にUCLAがタッチダウンを決めて23−3。UCLAの良い攻撃が目立ちだした。逆に、アリゾナ大学はちょっと攻撃がおしかったかな。

Q3に入って、アリゾナ大学の攻撃も決まり始めるけど、UCLAもパスが良い感じに決まってる。

UCLAのでかいパスキャッチャーがすごい。ここまでで、すでに3回目のタッチダウン!? でかくてパスキャッチもうまくて動きも機敏。アリゾナ大学はこの選手を止めれてないのが、痛いな。

逆にアリゾナ大学はランを中心に攻めを組み立てはじめた。Q3も残り2分を切ったところで、ランを立て続けに決めてタッチダウン。30−17で2タッチダウン差まで追いつく。

Q4も後半になってアリゾナ大学にすげーおしいロングパスが。っていうか、通ってたパスなのに落としちゃった・・・

今日、この落とすプレイが3回目? 1回でも決まってればずいぶん違った展開になったろうに・・・ アリゾナ大学はどうも流れに乗りきれないなぁ。Q4も残り6分を切ったところで、スペシャルプレイを仕掛けたけどこれも失敗。

逆にUCLAは4thダウンギャンブルに新人のマーキーをつかって見事にタッチダウン。これで37−17。ちゃんと、こういう練習を新人もやってるってところがすごいね。

結局、37−17のままでゲーム終了。UCLAのパスと、それをうけるメルセデス・ルイスが目立つ試合だったかな。UCLAは開幕のゲームこそ負けたけどその後4連勝か。良い調子だね。


[Sports] Presented by ta3 [2004/11/1]