▽F1 2006 #2 マレーシアGP

いきなり、2週連続開催ヽ(´ー`)ノ

※生放送を基準にページを作ってます
※地上波を待ってる人はネタばれ注意

公式予選

とりあえず、エンジン交換の情報。

まず、前回のレース中にトラブルが発生してエンジン交換したのがフィジケラとヴィルヌーブ。この2人はペナルティ無しでエンジン交換ができる。

前回のバーレーンGPでチェッカーをうけた直後に、トラブル発生でマシンを止めたのがクルサード。レースが終わった直後なんだけど、この人は予選グリッド10番手降格のペナルティ。チェッカーうける前に止めてればねぇ。フェラーリのマッサも問題が見つかったと言うことでフリー走行の前にエンジン交換している、と。

で・・・ フリー走行のあと、公式予選の前にマッサとミハエルがそろってエンジン交換!? マッサは20グリッド降格かw

エンジンがV8になってパワーが減って、相対的に全開率が上がってるからなぁ。それで、2レース1エンジンははじめてな訳で、まだまだ信頼性に疑問が残るって事か。

では、予選開始。

■ピリオド1

やっぱり、最初のピリオドは下位集団のマシンからスタート。これは、いつになっても変わらないなぁ。ルノーは中古タイヤでスタート。できれば、新品タイヤを取っておきたいって事か。それで、しっかり1分35秒台を出してくるところがさすが。

スーパーアグリのマシンは空力を新しくして、同時にミラーを見やすいように修正した、と。抜かれることが多いマシンだけに、そういうところは大事なんだなw

マクラーレン、ウィリアムズ、フェラーリあたりは、普通に新品タイヤを投入してピリオド2に残った。ミハエルは中古タイヤだったのかな? 16位はぎりぎりすぎるだろうw

ピリオド1で切り捨てられたのは以下の人たち。

  • 21.スコット・スピード (トロロッソ)
  • 20.ビタントニオ・リウッツィ (トロロッソ)
  • 19.クリスチャン・アルバース (ミッドランド)
  • 18.ティアゴ・モンテイロ (ミッドランド)
  • 22.佐藤琢磨 (スーパーアグリ)
  • 23.井出有治 (スーパーアグリ)
まぁ、かなり順当な結果かと。

■ピリオド2

マッサは出てくる様子がない。20グリッド降格が決まってるし、これ以上走るつもりはないって事か。

どのチームもどんどん新品タイヤをつぎ込んでくるなぁ。エンジン交換してるチームも多いし、ピリオド3に残れれば、決勝グリッドで上位も望めるしね。

ラルフがクルサードのトップタイムを塗り替えた・・・ と思ったら、コース脇に車を止めてる。エンジンブローに見えるなぁ・・・ ってことは、ラルフもエンジン交換か。これで何人目だ?w

ピリオド2で切り捨てられたのは以下の人たち。

  • 14.デビッド・クルサード (レッドブル)
  • 11.ルーベンス・バリチェロ (ホンダ)
  •  8.ヤルノ・トゥルーリ (トヨタ)
  • 17.ジャック・ヴィルヌーブ (ザウバー)
  • 16.ニック・ハイドフェルド (ザウバー)
  •  6.フェリッペ・マッサ (フェラーリ)
バリチェロはいまだにブレーキングがつかめないのか。なんか、去年、ずっとブレーキングがあわないって言ってた人がいたのを思い出すなぁ。

トヨタの2台は・・・ ここでトゥルーリが切り捨て。ラルフはピリオド3に残ったけど、現実にはエンジンブローで止まってる、と。速さでも信頼性でも問題が残ってるな。

■ピリオド3

めずらしくルノーがドタバタしてる。ピリオド3がはじまるまでに、必要なだけの燃料を給油してないといけないんだけど・・・ きっちり入ってなかったか?w なんとか、ギリギリのタイミングで給油を終わらせた。

ピリオド3はどの車も、燃料を減らすためにどんどん走ってくれて楽しいな。『速さを追求するスポーツ』って面から見たら変な光景だろうけど、まぁ、おもしろいから有りだ。

残り10分を切ったあたりではやいチームは最初のピットストップに。保険もかねて2回のアタックってのがセオリーになりつつあるな。ちょっと、ホンダは1回目のアタックがはやいか?

特に混乱もなく、ピリオド3は終了。順位は以下の通り。

  •  2.ジャンカルロ・フィジケラ (ルノー)
  • 12.ジェンソン・バトン (ホンダ)
  • 10.ニコ・ロズベルグ (ウィリアムズ)
  •  5.ミハエル・シューマッハー (フェラーリ)
  •  9.マーク・ウェーバー (ウィリアムズ)
  •  4.ファン・パブロモントーヤ (マクラーレン)
  •  3.キミ・ライコネン (マクラーレン)
  •  1.フェルナンド・アロンソ (ルノー)
  • 15.クリスチャン・クリエン (レッドブル)
  •  7.ラルフ・シューマッハー (トヨタ)
アロンソの順位が低いのが気になる。フィジケラとのタイム差も大きいし・・・ これは、作戦を分けてきた? あとは、ミハエルの4位ってのも謎。どうせペナルティで10グリッド降格するんだから、ある程度燃料を積んでくると思ったんだけど・・・ もっと、変な作戦で来てるのかな?

予選の詳しい結果はこちら。
http://fmotor.nifty.com/f1gp/2006/03/f1__4cf5.html

決勝は3月19日、午後4時から!(日本時間)

決勝

エンジン交換が多発してる今回のF1。ミハエルが14番手に降格。あと、19位以降にクルサード、バリチェロ、マッサ、ラルフの順になった。決勝が始まる前に5人がエンジン交換のペナルティかぁ。この調子だと、レース中にも何台か壊れそうだな。

マレーシアと言えばスコール。フォーメーションラップの最中から薄黒い雲が遠くに見えてるし、スコールが来たらきたでおもしろそう。

タイヤは全車がソフト傾向、と。

レーススタート。

アロンソのスタートがすげー。いきなり4台ぶち抜いて7位から3位に。ルノーは予選順位関係ないのか。ってか、今年から、ロンチスタートも規制が変わったんじゃなかったっけ? それにしては、去年と変わらないスタートダッシュだな。

いきなりライコネンがスピンしてる映像が。マシンの後部がタイヤバリヤにあたってるな。これでライコネンはリタイア、と。

1周目が終わったところでリウッチィがピットイン。クリエンもフロントを壊してピットに戻ってきた。

アロンソは予選が終わって、戻ってくるはずの燃料を積んでない? 昨日の給油機のトラブルで、そんなにいっぱい燃料積んでたのか。それで予選7位にものすごいスタートダッシュかよ・・・

ロズベルグが順位を落としてるな。こっちは、まだ、F1のスタートになれてないのかな?

ライコネンのリプレイが・・・ これ、誰かにぶつけられてる? あたってるのは・・・ クリエンかな? よくわからなかったけど。

7周目、ロズベルグのマシンが火を噴いてる。これはエンジンブローだろうなぁ。ここまで、コスワースエンジンは壊れてなかったけど、ついに壊れたか。どこもV8になって失ったパワーを取り返す方を優先したのかなぁ。

11周目、ミハエルがヴィルヌーブをオーバーテイク。少し前から後ろにつけてたけど、なかなか抜けなかったんだよなぁ。

クルサードがピットに戻ってきて・・・ そのままガレージへ? あれ? どこか壊れたかな。

15周目、ヴィルヌーブを抜いたのと同じところで、ミハエルがトゥルーリをオーバーテイク。どうも、今年のトヨタは良いところがないなぁ。

17周目、ウェーバーのマシンから煙が出てる・・・? あ、コース脇に車を止めた。結局、ウィリアムズは二台そろってリタイアか。コスワースエンジンも2レースは厳しい、と。

18周目、フィジケラがピットイン。これは普通の2ストップ作戦かな。

20周目、バトンがピットイン。で・・・ どこかのコーナーで雨が落ちてきた? あ、水滴がついてるカメラがあるな。最終コーナーの近くか。

24周目、モントーヤ、ミハエルが続けてピットイン。ミハエルの方は妙に時間がかかってたけど・・・ 何かトラブルかな?

27周目、アロンソがピットイン。その気になれば1ストップもできそうだけど・・・ 2ストップか。7.3秒でピットアウト。

28周目、リウッチィが琢磨をオーバーテイク。しかし、次のコーナーで琢磨が強引にインに切り込んだ。2台そろって膨らんだインをバトンが華麗にスルーw ちょっと、琢磨のブレーキングは強引のような・・・ っていうか、SA05のブレーキがおかしい?w 結局、その後、琢磨は再びリウッチィに抜かれてリウッチィが前に。

29周目、アロンソがファステストラップを出してる。逆にバトンはペースが上がらない。ホンダは重いときのペースがおかしいのか・・・ それとも、レース中に、何かトラブルがでてるのかな?

32周目、バリチェロがピットイン。ずいぶん時間がかかってたけど・・・ ここも、ピットでトラブルがあったかな?

37周目、バリチェロに10秒ストップのペナルティが出た。ピットレーンのスピード違反って・・・ 何やってるんだか。

密かに、井出がコースアウトしてる。2戦目も完走できなかったか・・・ レースをもっともっと走って、追い抜かれるのをうまくならないとなぁ。

39周目、フィジケラとバトンがピットイン。どっちもこれが最後のピットインのはずなんだけど・・・ ルノーとホンダはピットだけで0.5秒も差があるのかよ。ホンダは、ピット練習もまじめにしないとな。

その前に、モンテイロにつかまって1.5秒も損してるし・・・ 瞬間の判断も甘い、と。まぁ、そのあたりが、勝ち方を知らないチームって事だな。

44周目、アロンソがピットイン。って、新品タイヤ? まだ、新品タイヤが残ってるのか。新品タイヤを使ってあっさりファステスト、と。ルノーは強いなぁ。

49周目、ハイドフェルドがエンジンブロー! 5位で良い走りをしてたんだけど・・・ もったいないなぁ。しかし、これで、2006年になって壊れてないエンジンって何が残ってるんだ?w トロ・ロッソが使ってるV10ぐらい?w

51周目、ミハエルがウェーバーのすぐ後ろに迫ってる。コーナーでは前に出たそうにしてるけど・・・ まさか、2戦目でチームオーダー出さないよなぁw

レース終了。1位はポールトゥウィンのフィジケラ。2位に7番手スタートだったアロンソ。3位にバトン、4位モントーヤ、5位マッサ、6位ミハエル、7位ヴィルヌーブ、8位にラルフという結果になった。

ルノーはやっぱり速いなぁ。けど、1・2フィニッシュは24年ぶり? ちょっと意外だ。

ホンダは、バトンが2位に入ったけどバリチェロは10位。マシンが重いときのタイムがいまいち? あと、ピットの判断やタイヤ交換もルノーに負けてるか。

マクラーレンはモントーヤが4位。ライコネンのクラッシュはもったいなかったなぁ。全体的にタイムがいまいちだったのも気になる。

フェラーリはマッサが6位、ミハエルが7位。なんか、ピットでドタバタしてたような・・・ そもそも、2台でエンジン交換3回ってのがおかしいな。けど、次のレースもこのエンジンで・・・ 大丈夫か?

あとは・・・ このレースも、トヨタの2台はいまいち? ラルフが1ポイント取ったけど、今年のトヨタの目標はポイントゲットじゃなかったような・・・ まず、速さが足りないかな。

佐藤琢磨は感想おめヽ(´ー`)ノ 今日は、後ろの方でずっとミッドランドをブロックしてたみたいだけど・・・ まぁ、それはそれで楽しかったんじゃ? TVにもある程度写ったしw

決勝の詳しい結果はこちら。
http://fmotor.nifty.com/f1gp/2006/03/f1__cd85.html

次回、オーストリアGPは4月2日! そろそろ、だれかルノーを止めろよw


[Sports] Presented by ta3 [2006/3/19]