▽F1 2005 #7 ヨーロッパGP

たーさんのたーさんによるたーさんのためのマイナースポーツコーナー第3弾。F1です。日本ダービーは・・・ やっぱり、本命サイドしか買えないよなぁ。

※生放送を基準にページを作ってます
※地上波を待ってる人はネタばれ注意

公式予選

今回から予選のルールが変更になって、予選は1回限りになりました、と。個人的には、日曜日に予選と決勝ってのは、なんか、いまいち集中できなかったんでこの変更は歓迎。ただ、どうせなら昔の『1時間で12周ルール』に戻してくれた方がうれしいかな。

予選はかってないほど天気の良いニュル。気温30度。路面47など。ミシュランに有利かな? まぁ、そんな感じで予選開始。

ミシュランではウィリアムズとルノーだけがハード系のタイヤらしい。それ以外はソフト、と。

以下、予選を見ての感想いろいろ。

・ウィリアムズ
もともと、ハード系のタイヤを使うことが多かったウィリアムズなんだけど、今回はその選択が正解だったのかな? マシンのポテンシャルにタイヤがマッチすれば、この順位はそれほどおかしくないのかも。ハイドフェエルドは地元で初PPおめヽ(´▽`)/
・マクラーレン
ライコネンはやっぱり速いなぁ。モントーヤは、だいぶ、マシンがあってきたって言ってるけどそれでも、まだ、ライコネンに負けてるねぇ。ライコネンは微妙なミスが2・3回あったと思うんだけどw
・ルノー
今回はルノーにしては珍しくハード系のタイヤを選んだらしいけど、それがちょっとマシンにあって無かったかな? いつもに比べれば予選の結果がいまいち・・・ マクラーレンのマシンが決して軽そうに見えなかったことを考えると今回は厳しい・・・ って、決勝の天候しだいかもなーw
・フェラーリ
相変わらず予選の出走順がいまいち。結果的に予選順位が上がらない悪循環。モナコで怒ってる(らしい)バリチェロが、決勝でもミハエルより上の結果を出せるかな?
・BAR
出走順が最初の2台だからなぁ。単純に1秒損したと考えるとザウバーやレッドブルには、まだ、負けてないのか。ま、今回は10位以内ならOKですかね。

BARのエンジン交換を了承なかったチームってどこでしょうねぇ・・・ FIAからもまだまだいじめられてるみたいだし・・・ 今年中に1勝しちゃったら、あっさり、ホンダはF1から撤退しちゃったりして。そこまでされて参戦しててもねぇ?

リウッツィはこのレースまで、か。意外と悪くなかったよなぁ。また、F1に戻ってくる日を楽しみにしますか。

バリチェロはちょっとマシンがぶれてたような。足回りを詰め切れてなかったのか、それとも、かなり攻めてたのか・・・ ちょっと謎。

からタンクでのタイムが予選から無くなっちゃんで、燃料重量の影響のない、マシンだけのタイム差ってのがわかりにくくなっちゃったねぇ。

まぁ、その分、明日の決勝でピットストップのタイミングがよめないから、そこはおもしろいのかもしれないけどー

予選の結果はこちら。
http://fmotor.nifty.com/f1gp/2005/05/f1__41af.html

決勝は、5月29日の午後9時から(日本時間)!!

決勝

スタート前、気温・路面温度ともに昨日よりは少し涼しくなってるのかな。

フォーメーションラップの開始直前までトゥルーリの車で何か作業してる。ちょっと作業が長すぎるような。あとでペナルティになるかも。

レーススタート・・・ の直前でフィジケラが手を挙げてスタートアボート。そのまま、エクストラフォーメーションラップに突入。

これでフィジケラは最下位に転落。それどころが、ギアがニュートラルに入らないで、マシンを動かすことすら満足に出来ない始末。結局、ジャッキを持ってきて無理矢理マシン動かしてた。

そして、2度目のスタート。スタートはどの車も悪くなかったと思うけど・・・ 1コーナーで多重クラッシュ。むしろ、みんなスムースだったからかな?w

モントーヤがはらんでウェーバーに絡んだように見えたかな。ウェーバーがストップ。他にも琢磨やラルフがマシンにダメージ。ミハエルもちょっとタイムロスしたか。それに比べてクルサードは大きくジャンプアップ。

4周目、先頭を走るライコネンとハイドフェエルドのペースがかなり速い。3位以下と結構大きな差がある。

6周目、バリチェロがバトンのインを狙う! 一度抜かれたけどバトンも抜き返す! 後ろからモントーヤも狙ってる! このバトルはおもしろいなw 結局、バリチェロとモントーヤがバトンの前に出た。

7周目、3位を走っていたトゥルーリにドライブスルーのペナルティー。やっぱりフォーメーションラップの前の作業がまずかったのか。

12周目、バリチェロがはやくもピットイン。ハイドフェエルドが一番速いかと思ってたけど、それよりもバリチェロの方が速かったとは。それにしてはあの予選順位は謎だなぁ。

17周目、琢磨がようやく1分32秒台にのせてきた。やっぱり、クラッシュに巻き込まれてノーズ交換したときに燃料も積んでて重くなってたんだろうなぁ。レース戦略的にはどうだったのか・・・ 抜けるコースなんだけどなぁ。

18周目、ライコネンがピットイン。このあと、トゥルーリ、リウッツィ、モントーヤなどが続々とピットに向かうと・・・ なぜか、クルサードがトップ周回を記録。

レッドブルがトップ周回を記録するとは!www って、ビックリしてたらそのあとスピード違反でペナルティ出されるしwww

24周目、アロンソがピットイン。これで、上位陣でまだ入ってないのはBARの二人だけ。やっぱりBARは重めだったって事か。まぁ、予選の出走順からしてこれは予想通りだな。

全然関係ない情報が川井ちゃんから。ハイドフェエルドのおばあちゃんが見に来てるのかw そして、琢磨の家族も来てる、と。

30周目、ライコネンが大きくコースアウト。なんか、ブレーキング時の挙動がおかしかったような・・・ この間にハイドフェエルドに抜かれる。もしかしたら、この時点ですでにフラットスポットができてたのかなぁ・・・

31周目、ハイドフェエルドがピットイン。さすがに残り距離は無理だろうから、もう1回ピットか。

34周目、ライコネンがまたもコースアウト。1コーナーで突っ込みに失敗してる・・・ ダウンシフトがおかしくなってる? ライコネンは、このあとの周回でも、なんどかブレーキングがおかしいような映像が流れる。

40周目、ミハエルがモントーヤをオーバーテイク! なんか、無理矢理突っ込んだように見えたけど・・・ ミハエルとしては行けると思ったんだろうなぁ。

46周目、今度はアロンソが大きくコースアウト。ミシュランのタイヤがかなり厳しいって事なのかなぁ。なんか、今回は飛び出す車が目立つような。

52周目、ライコネンの右フロントが明らかにおかしい。かなりバイブレーションが出てるような・・・ タイムも1分33秒台まで落ちてる。アロンソとのタイム差は6秒。残り周回を考えるとかなりピンチか。

55周目、マッサの左フロントタイヤがおかしい。タイヤの表面がはがれかかってるな・・・ ちょっと、タイヤ攻めすぎ何じゃない?

58周目、相変わらずライコネンのマシンは異常。もう、フラットスポットが出来てるのがはっきりわかる状態。そりゃ、ストレート走ってても異音するよ。これで、最後まで持つのかと思ってたら・・・

ファイナルラップでライコネンの右フロントサスペンションが壊れた! フロントタイヤを失ったライコネンのマシンがバトンのギリギリをすり抜けてセーフティゾーンへ。なんとか、タイヤバリヤで止まったけど・・・ これ、見た目以上にものすごく危険な状態では?

今回はストラップが何とか耐えたけど、もし、切れて、タイヤがはずれてたら・・・ ライコネンに当たってたかも。バトンに当たる可能性もあったし、コースの外に飛び出すかもしれなかった。

いきなりフロントの操作が一切できなくなったマシンはスピン状態になってたから・・・ 後ろから空気が入って飛び上がったりしてもおかしくなかった。そう考えると怖いなぁ・・・

結局、ファイナルラップでライコネンがリタイアしてアロンソが優勝。最後までしっかり追い続けた結果って事かな。逆に、ライコネンは10点を惜しんですべてを失ったか。

レースの結果を見ると・・・ ライコネンが結局ノーポイントで、アロンソが優勝ってのは大きいなぁ。

フェラーリはこれからどうなっちゃうんだろう? 北米の2戦を両方取るぐらいの勢いがないと、今年のフェラーリは終了かなぁ。

前回のモナコGPと今回のヨーロッパGPではっきりしたことだけど、タイヤ交換無しってのはレースの終盤に盛り上がるけど・・・ それは、危険との隣り合わせなんだな。

もう何戦かすればタイヤの限界がはっきりして、レースも安定するのかなぁ。それまでに死人がでなきゃぁ良いけど(´・ω・`)

カナダもアメリカも、タイヤにかなり厳しいレースだよなぁ・・・

あ、あと、今回はブルーフラッグ無視のペナルティーが異常に多いレースだったな。ドライバーに見えないところでブルーフラッグ振ってたのだろうか?w

決勝の結果はこちら。
http://fmotor.nifty.com/f1gp/2005/05/f1__1a0d.html

次回、カナダGPの予選は、6月12日の午前2時から(日本時間)!!


[Sports] Presented by ta3 [2005/5/29]