▽warehouse
〜大晦日イブイブ〜

NCAAフットボール #24 2004年12月30日(木)
ハワイ大学 sv アラバマ大学

ボウルゲーム開幕ヽ(´▽`)/

全米で26のボウルゲームがあるらしいけど・・・ これが初戦であってるのかな? そこまで調べてないや(´∀`;)

で、ハワイで行われる試合なんだけど・・・ そこに、ハワイ大学が出場ってのはどうなんだろう。ハワイ大学のホーム状態。まぁ、盛り上がってるから良いのか?

開始4分ほどのところで、アラバマ大学に51ヤードのタッチダウンが出る。
で、問題はそのあと。ものすごく珍しいプレイが。ポイントアフタータッチダウンのキックをハワイ大学の選手がブロックして・・・ それを拾った選手が敵陣まで走る走る(笑)

結局、アウトオブバウンズの判定でポイントは入らなかったけど、もし、これがタッチダウンだったら開始4分で2−6という、ものすごく珍しい展開だったのに(笑)

その直後、今度はハワイ大学の選手がきっちり走り込んでタッチダウン! いきなり、足を止めての殴り合いみたいな試合になってきた(笑) この時点で7−6。

そんな話をしている間にアラバマ大学が点を追加して逆転してる(笑) 開始6分を過ぎたところで7−13とアラバマ大学がリード。その2分後、今度はハワイ大学の選手が強烈に走り込んでタッチダウン。14−13と再度逆転。

さらに、残り4分を切ったところできれいにパスを決めてタッチダウン。21−13と点差を広げる。その後も激しい攻め合いが続いたけど、何とか、そのままでQ1終了。

Q2開始2分、アラバマ大学が激しい攻めを見せたけど、タッチダウンまでは結びつけることができず、フィールドゴールで終了。これはきっちりと決めて3点追加。21−16と点差を詰める。

そのあとも点の取り合いは続いて、残り6分ほどのところで28−23。6分ほどの間に両チームともタッチダウンを1回ずつ決めている。攻撃権のあるときに、点を取れなかったチームが負ける展開かな。これは。

残り2分を切ってからアラバマ大学がじっくりと攻め続ける。できればタッチダウンで終わりたかったんだろうけど、ここは無理せずにきっちりフィールドゴールを決めて3点追加。28−26と2点差にしたところで前半終了。

Q3に入って、ハワイ大学の好調な攻めが続く。アラバマ大学はハワイ大学の攻撃を止めれてない模様。もう、ディフェンス陣は疲れてきたのかな。開始4分ほどのところでハワイ大学がタッチダウンを決める。これで35−26。

その3分後、ハワイ大学にビッグプレイが! アラバマ大学のパントをハワイ大学の選手がキャッチしてそのままパントリターンタッチダウン! 会場は大盛り上がり! アラバマ大学のディフェンスはすっかり壊れちゃったかな・・・ 結局、45−33でQ3終了。残り15分。

Q4に入ってもお互いに点を取り合う展開。ただ、アラバマ大学は必死にせめて何とか点を取って、ハワイ大学はなんだかあっさり点を取っているように見える。ハワイ大学としては、あとは、時間を消費するだけで良いはずなんだけど、その余裕が逆に簡単に点を取れるようにしているのかな。

Q4も残り2分。アラバマ大学はとにかく点を取るしかない状況。半分ギャンブルでオンサイドキックをショートにしたら・・・ そこをハワイ大学の選手が拾ってそのままタッチダウン。アラバマ大学としては泣くしかないような状況。これで、59−40。

結局、そのまま試合終了。ハワイ大学のオフェンス陣が存分に力をふるった試合だったかな。さて、次は・・・ ローズボウルか。こっちも楽しみ。

Etc更新 2004年12月29日(水)
Etcの中に勝手にHTML辞典のページを追加。

個人的なHTMLのメモです。本当ですよ(´∀`;)

URLメモ 2004年12月27日(月)
1mm鋼板ってΣ(゚д゚;)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1227/hot351.htm

真剣にほしいんだけど・・・ 問題は、使い道がないことかなw
http://www.dengekionline.com/data/news/2004/12/24/11fb96dbf39ac54598f1b76011e3ed60.html

藍原誠関係メモ
http://www.famitsu.com/game/coming/2004/12/24/104,1103883016,34893,0,0.html

嫌な予感がなくなりません!(ヒロシ風に)
http://www.famitsu.com/game/coming/2004/12/22/104,1103698295,34834,0,0.html

ちょーっと高いかな。2万切ったらおもしろそうなのに。
http://www.mainichi-msn.co.jp/it/computing/news/20041224org00m300129000c.html

直径400mメモ。2029年までにνガンダム作らないとね。
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20041225i502.htm

Game更新 2004年12月24日(金)
Gameの中にリッジレーサーズのページを作成。

『Crimsonrock Pass』がお気に入りヽ(´▽`)/

URLメモ 2004年12月22日(水)
毎秒10コマ取れるカメラが1000台並んでたら面白いのになぁ。
http://www.asahi.com/business/update/1217/002.html

本当に復活するかどうかはともかく、復活するのなら
車重1500kg以下でFRを希望。なんとなく(´∀`;)
http://response.jp/issue/2004/1221/article66571_1.html

日本でも本格的にレクサスが展開開始か。
ドラフト選手が要求したりするのかなぁ。アメリカみたいに。
http://www.asahi.com/business/update/1221/105.html

1枚1500円かぁ・・・ これが150円ならなぁ。
http://it.nikkei.co.jp/it/news/index.cfm?i=2004122107054j0

清原もK−1に参戦すればいいのにね。・・・だめか?(´ー`;)
http://www.nikkansports.com/ns/sports/p-sp-tp0-041222-0009.html

有馬は・・・ ゼンノロブロイを中心にアドマイヤ、ハーツぐらいかな。
個人的にはダイタクバートラムも押さえなくっちゃいけないが。
http://www.nikkansports.com/ns/horseracing/main/arima.html

Etc更新 2004年12月22日(水)
Etcの中にMX-510RDのページを追加。

基本性能は文句なしかと。たぶん。

Etc更新 2004年12月21日(火)
Etcの中にPSP Movieのページを更新。

設定を追加したTranscoding.iniを追加しました。
使用するときは自己責任でどうぞ(´∀`;)

Etc更新 2004年12月21日(火)
Etcの中に外部ストレージ調査 2004/12/20版 のページを作成。

安いHD-HB250U2を見つけたらどうしよう・・・ (´∀`;)

NCAAフットボール #23 2004年12月20日(月)
テキサスTECH vs オクラホマ州立大学

今シーズン最後の放送ですか(;´д⊂

ここまで7勝3敗のオクラホマ州立大学と6勝4敗のテキサスTECHの試合。ちなみに、テキサスTECHのホーム。

パスが非常に多いテキサスTECH。試合を見るのはずいぶん久しぶりで楽しみ。

まずはオクラホマ州立大学がフィールドゴールで3点先制。全体的に両チームとものんびりした立ち上がりのような。

Q1、残り3分ぐらいのところでテキサスTECHがパスを決めてタッチダウン。お互い、点を入れるまでに5分ぐらい使う展開。テキサスTECHはやっぱりパスが中心なんだけど、それで5分も使うのは逆にすごいな。

7−3のままでQ1終了。パスを投げまくったテキサスTECHと1度もパスを投げてないオクラホマ州立大学・・・ しっかり、特徴が出てるね(笑)

Q2に入ってオクラホマ州立大学はながーいフィールドゴールを決めて3点追加。7−6と1点差まで追いつめる。そのままQ2終了。

Q3が始まって5分ほど過ぎたところで、オクラホマ州立大学がフィールドゴールを決めて逆転。7−9。ここまで、3回のフィールドゴールを全て決めてるオクラホマ州立大学はおみごと。

Q3、残り9分を切ったところでテキサスTECHが絶妙のパスを決めてタッチダウン。14−9と再び逆転する。

残り3分ほどのところでテキサスTECHがパスしようとしたところをオクラホマ州立大学がインターセプト! パスを多用する構成なら、これは、仕方がないのかなぁ。その後、2ポイントコンバージョンを狙うがこれは失敗。14−15と1点差でこのまま、Q3終了。

Q4が始まって5分過ぎ、テキサスTECHがフィールドゴールを決めてさらに逆転。逆転、また逆転の展開だな。

残り7分を切ったところでテキサスTECHがタッチダウンパスを決める。これで24−15。さらに、残り3分を切ったところでテキサスTECHがターンオーバーからタッチダウン。31−15とさらに点差を広げる。結局、そのままゲーム終了。

後半、持ち味のパスを見せつけたテキサスTECHがホームで見事に勝利を収めた、と。

今年もNCAAアメリカンフットボールは面白かったな。この後のボウルゲーム、来年のシーズンも楽しみ。

Game更新 2004年12月18日(土)
Gameの中にルミネスのページを作成。

『SHININ'』と『Lights』がお気に入り。すげー気持ちいいヽ(´▽`)/

Etc更新 2004年12月18日(土)
Etcの中にPSP Movieのページを作成。

PSP向けに動画をエンコードするときの実験をしてみました。
・・・メモリースティック安くなりませんかねぇ(´∀`;)

Sports更新 2004年12月17日(金)
Sportsの中にNCAAアメリカンフットボール その2のページを作成。

好評連載中の『NCAAフットボール』のまとめ第2弾です。

NCAAフットボール #22 2004年12月16日(木)
ベイラー大学 vs オクラホマ大学

ここまで全勝のオクラホマ大学と3勝7敗のベイラー大学の対戦。オクラホマ大学としてはこの試合も勝って全勝で終わりたいところ。まぁ、普通に考えるとオクラホマ大学が全勝を守っちゃうんで、そこでベイラー大学がどれだけ粘りを見せるかが見所かな。

開始3分でベイラー大学のオフェンスにミスが。タックルをうけたあと粘ったところまでは良かったんだけど、その後、ボールを落としてターンオーバーされてしまう。

結局、その後、ロングパスを決めてオクラホマ大学がタッチダウン。あっさり先制してしまう。この時点で、ゲームの結果が見えちゃったかな・・・?

その後は淡々と試合が続いて・・・ Q2、残り26秒のところでオクラホマ大学がタッチダウン。。これで14−0として前半終了。

Q3も普通に攻め続けて得点を重ねる。結局、28−0でQ3終了。

Q4も立ち上がりから順調。もう、勝つのははっきりしてるんであとはどんな勝ち方をするかに会場も興味が移ってるような雰囲気。そして、解説と実況の人は雑談がどんどん増えてきた(笑)

Q4も開始3分がすぎたところでオクラホマ大学がタッチダウン。簡単にタッチダウンを取るなぁ。タッチダウンってこんなに簡単だったっけ?

結局、そのまま終了。35−0でオクラホマ大学が勝利。これで、オクラホマ大学は全勝のままシーズンを終えることに。

このあとは・・・ たぶん、オレンジボウルに出場すると思われる。ボウルゲームも楽しみだな。

URLメモ 2004年12月15日(水)
1500@6Wが70〜80ドルってもしかして、すげーお買い得なんじゃ?
パワーのあるファンレスマシンは欲しいんで、ちょっと考えてみるかな。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1215/amd.htm

購入決定メモ
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041215/comixw.htm

これを日常生活でお洒落に使うのは難しくない・・・?(´∀`;)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041215/bandain.htm

まだまだ、カール君には勝てませんね。
http://response.jp/issue/2004/1215/article66380_1.html

悪くはないけど何か違うような・・・
MPVの後継になると思うけど、このデザインのままで行くのかなぁ。
http://response.jp/issue/2004/1215/article66397_1.html

NCAAフットボール #21 2004年12月15日(水)
ユタ大学 vs ブリガムヤング大学

マウンテンウエストカンファレンスのチーム同士の対決。ここまでトータルで10戦全勝のユタ大学と5勝5敗のブリガムヤング大学。同じカンファレンスのチーム同士の対決だけど、ちょっと、力の差があるのかな? 両チームとも最終戦は勝って終わりたいだろうけど、はてさて、どうなることやら。

ブリガムヤング大学は・・・ BYUって略される方が多いのか。あと、守備に自信があるらしい。ユタ大学はがんがん点を取りに行くらしいんで、そのあたりの絡み合いも楽しみ。ちなみに、ユタ大学のホームでの試合。

Q1、開始1分ほどでBYUの選手が1人痛んでしまう。かなり会場は寒いようだし、まだ、体が温まってなかったのかな。かなり痛そうだ。

結局Q1は7−0とユタ大学がリードして終了。

Q2、開始3分ほどのところでBYUがタッチダウンパスを決めて同点に追いつく。今度は残り10分を切ったところでユタ大学がボールを無理矢理押し込んでタッチダウン。これで14−7とユタ大学がリードを取り返す。お互い、オフェンスがディフェンスを圧倒するような展開になってきた。

残り6分を切ったところでBYUがパスインターセプト。そのままタッチダウンまで行くかと思ったけど、ユタ大学は何とかこれを阻止。けど、その後の攻撃でBYUはタッチダウンを決めて同点に追いつく。

残り2分を切ったところでユタ大学がタッチダウン。攻撃をミスしたんだけど、逆に相手がミスに釣られて出来た隙を冷静についてタッチダウン。おみごと。これで21−14とユタ大学がリード。結局、21−14のまま前半終了。

Q3、3分過ぎたところでユタ大学がフィールドゴールを決めて3点追加。24−14と点差を広げる。その後、BYUがファンブルしたところひろってそのままタッチダウン。立て続けに得点を上げて点差を広げる。

残り9分を切ったところでBYUも反撃。見事にロングパスを決めてタッチダウン。これで、再び10点差に詰め寄る。

派手な撃ち合いのような展開はその後も続いて、パスインターセプトが両方のチームに出る。撃ち合いというか、大味というか・・・ そして、ユタ大学にものすごいビッグランが! 92ヤード走ってのタッチダウンってホント、すごい。これで38−21になって、このままQ3終了。

Q4に入っても、お互いにディフェンスの良いところが出る展開。特にユタ大学はロングパスも決まって絶好調。4分過ぎにタッチダウンパスでさらに点差を広げる。これで45−21。BYUはオフェンス陣も疲れが見えてきたかな。簡単なパスでもミスが目立つようになってきた。

終わってみると52−21。BYUはオフェンスもディフェンスも疲れ切っちゃったか。まぁ、逆に、これだけユタ大学が強いからこそ、シーズン全勝出来たって事かな。

NCAAも残るは各ボールゲームか。これも、可能な限りみたいですな。

URLメモ 2004年12月14日(火)
『シャイニング・フォース ネオ』 Σ(´Д`lll)
買うことは買うけど・・・ なんだか、嫌な予感が(;´д⊂
http://www.famitsu.com/game/coming/2004/12/08/104,1102499883,34325,0,0.html

むっちゃうけた。真剣勝負を希望してみようw
http://www.asahi.com/sports/update/1214/104.html

今度のライダーは全員楽器を持つとか・・・
いや、そんなわかりやすい展開はないよね(´∀`;)
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/12/14/08.html

ボンネットのエアインテークがインプレッサの特徴とはいえ・・・
そろそろ、もう少し地味にしても良いんじゃないかなぁ。無くても(以下略)
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/lifestyle/349266

佐々木明おめでとうヽ(´▽`)/ 次は、表彰台の真ん中をー!
ちなみに、この日は他の日本人選手も、本当に調子よかったね。
http://www.sankei.co.jp/news/evening/15spo001.htm

Book更新 2004年12月14日(火)
Bookの中に神戸在住のページを作成。

阪急沿線の出番が少ないよ〜(´∀`;)

Game更新 2004年12月13日(月)
Gameの中にPSPのページを作成。

本体+ソフト3本のファーストインプレッションです。

Link更新 2004年12月11日(土)
Linkのページを微妙に更新。

本当に微妙ですw

URLメモ 2004年12月10日(金)
日本一ソフトウェアも声優を売りにするようになったかぁ・・・
って、冷静に考えると昔っからそうかw
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20041210/n1soft.htm

結局、延々と戦闘を繰り返すゲームなんでしょうか・・・?
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20041210/red.htm

普通に壁に掛けれるカレンダーで目立たなく広告をいれた方が・・・
っていう風には広告代理店の中の人は考えませんか。いつまでたっても。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0412/10/news045.html

『IBMは顧客の不安を払拭できるか?』・・・無理でしょ(笑)
今回の話で一番喜んでるのはDELLかなぁ。もしかすると。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0412/10/news072.html

今回で最後のトヨタ杯だけど・・・
歴史上、もっとも地味な組み合わせのような気が(´∀`;)
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/world/toyotacup/2004/f-sc-tp4-041210-0020.html

Book更新 2004年12月09日(木)
Bookの中に女子妄想症候群のページを作成。

つーくん萌え(*´ー`*)

Book更新 2004年12月08日(水)
Bookの中に一撃殺虫!! ホイホイさんのページを作成。

田中久仁彦の絵柄が好きな人にはおすすめ・・・ って、言われなくても買ってるか。そういう人はw

URLメモ 2004年12月07日(火)
牛より人間のDNAを全て保存した方がいろいろ役に立つんじゃね?
http://www.asahi.com/business/update/1130/133.html

100m沖を泳ぐなよw
http://www.asahi.com/international/update/1206/002.html

DLのメディア、1枚150円ぐらいになりませんかねぇ。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041207/benq.htm

実は、人間より頭が良かったり? 誰とは言いませんが(´∀`;)
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/it/347955

エー・アイ・ソフトってまだ・・・ って、あれ? 前にも書いたようなw
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/12/07/5674.html

オフコースのベストは持ってるんだけど・・・ これもちょっと欲しいな。
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-041207-0008.html

Etc更新 2004年12月06日(月)
Etcの中にBLACK ARMORのページを作成。

3.5インチハードディスク用ケースです。念のため(´∀`;)

NCAAフットボール #20 2004年12月03日(金)
USC vs アリゾナ大学

今シーズン全米No.1のUSCに下位のアリゾナ大学が挑戦する試合。ちなみに、USCのホームでの試合となる。

いきなりだけど、USCのチアはやっぱりレベルが高い(笑)

そして、相変わらずUSCは立ち上がりが悪い。微妙にミスも目立つ。結局、Q1は0−3とアリゾナ大学がリードして終了。

Q2、開始早々にUSCがタッチダウンを決めてあっさり逆転。その後、開始から5分が過ぎたあたりで、ようやく、USCのオフェンスは動きが軽くなってきたかな。短いパスも長いパスも小気味よく決まりだしてきた。パスが決まりはじめると、ディフェンスがパスを意識するから当然、ランも決まりやすくなるんだよねぇ。って、USCのオフェンスを誉めてたら良い位置からのフィールドゴールをはずすし(笑)

その後も、好調に攻め続けるUSC。面白い攻撃がぽんぽん飛び出すところがすごいな。残り3分を切ったところで、残り3ヤードの所からあっさりタッチダウン。ほんと、あっさり決めたって感じ。これで、14−3。相手のディフェンスの変化を見抜いて、それに応じてオフェンスを変更して、変更したオフェンスを練習のとおりに成功させる。基本だけど、それがしっかり出来てるところがすごいねぇ。

USCはディフェンスの動きもすごい物があるね。相手のQBを止める動きは・・・ これは、ディフェンスと言うよりオフェンスのような(笑)

結局、前半が終わって14−3。

Q3に入っても順調な攻めを見せるUSC。って言ってたら、ミスが出た(笑) オフェンスがボールを落として、アリゾナ大学の選手に押さえられてターンオーバー。その後、残り6分を切ったところでも同じようなプレイが。Q3の後半だけで2回もファンブルからターンオーバー。ファンブルを狙うアリゾナ大学のタックルもうまいけど、USCのオフェンスはちょっと気が抜けてるかな?

結局、2回目のターンオーバーをタッチダウンに結びつける。その後、2ポイントコンバージョンを狙うがこれは失敗。21−9。

その後、USCは当然のようにタッチダウンを返して28−9と突き放す。なんだか、USCはまったく負けそうにないな・・・ ランでもパスでも、その気になればいつでもファーストダウンを取れそうな雰囲気。

残り1分を切ったところでさらに追加点。綺麗にタッチダウンパスが決まった。結局、Q3がおわって35−9。

Q4も当然のように攻め続けるUSC。長いタッチダウンパスもあっさり決めて、42−9。多少のミスはカバーできるだけの勢いを持ってるね。

USCは映画、音楽なども有名、と。スピルバーグもUSC出身なのか・・・ って、こんな話まで出てくるぐらい、Q4は一方的な展開に(笑) あとは、ゲームが終わるのを待つだけって感じ。今日のゲータレードシャワーはオフェンスのコーチか!(笑)

終わってみれば49−9。40点差か・・・ すごいね。USCをボウルゲームで見るのが楽しみ。

Game更新 2004年12月02日(木)
Gameの中にNintendo DSのページを作成。

本体+ソフト4本のファーストインプレッションです。

NCAAフットボール #19 2004年12月01日(水)
オレゴン州立大学 vs USC

放送が始まって、いきなり、画面がものすごく白い。スタジアム全体が霧に包まれてる感じ。これ、観客は試合見れないんじゃ?

試合は、どちらも西海岸にある大学による対戦。USCはここまで8勝0敗で全米No.1。ちなみに、オレゴン州立大学のホームでの試合。

いつまでたっても画面が全体的に白っぽいんだけど・・・ これ、試合やってる選手も嫌だろうなぁ。フィールドゴールとか、かなり近づかないと苦しそうだ。

Q1の残り6分ぐらいのところで、USCの選手がフェアキャッチを失敗。オレゴン州立大学の選手がそれおを押さえてターンオーバー! らしいんだけど・・・ 霧でよく見えない(笑) やっぱり、ロングパスは厳しそう。

結局、その攻撃をフィールドゴールに結びつけて3−0とオレゴン州立大学がリード。Q1残り2分を切ったところで、オレゴン州立大学はもう一回フィールドゴールを決めて6−0とリードを広げる。そのままQ1終了。

Q2に入って相変わらず霧が濃いんだけど、そんな中、果敢にパスを投げ続けるオレゴン州立大学。これがうまく働いてタッチダウン! 残り9分ぐらいのところで13−0とリードを広げた。

今シーズン、はじめてUSCが負けてしまうのか・・・? 何だか、そんな雰囲気がただよってきた。

そんな中、Q2の残り6分を切ったところでUSCのレジー・ブッシュがすばらしいランを見せる。ようやく、USCの攻撃も波に乗ってきたか。その後、綺麗なロングパスが通ってタッチダウン。USCは13−7と6点差に点差を縮める。

結局、13−7とオレゴン州立大学がリードしたままで前半終了。まったく予想してなかった展開。

Q3開始早々、USCのオフェンスがボールを相手に落とされてターンオーバー。また、ターンオーバーでオレゴン州立大学は良い位置からの攻撃権を得る。USCはムードが悪くなったかと思ってたら・・・ その直後に、USCのディフェンスがインターセプト!! この後、どーなってしまうのか!(笑)

結局、開始3分ほどのところでUSCがロングパスを決めてタッチダウン! 13−14とこの試合、初めてリードを決める。

USCのソング・リーダーズはレベル高いんだけど・・・ ダウンジャケット着ちゃってるよ(;つд`) いや、まぁ、ダウンジャケット+ミニスカートはそれはそれで(以下略)

さて、試合に戻ろう(笑) 長いパスを効果的に使って攻め続けるオレゴン州立大学。が、良いところでファンブルが出てターンオーバーされてしまう。これは、逆に、USCのディフェンスが調子よくなってきたって事なのかも。

Q3はそのまま終了。13−14とたったの1点差。

Q4、開始3分ほどのところで、USCにすごいプレイが出る。レジー・ブッシュが相手のパントをひろったところから走って走って・・・ 結局、そのままタッチダウン!! 65ヤードのパントリターンタッチダウン。レジー・ブッシュを守るディフェンスもおみごと。これで13−21と点差を8点に広げる。

だんだん、USCの攻撃がなんでも決まるようになってきた。残り7分ほどのところでUSCがちからわざのタッチダウン。一度止められたのをそのまま押し込んでタッチダウンは・・・ オレゴン州立大学のディフェンスが疲れてる証拠か?これで、13−28。

それにしても、レジー・ブッシュってまだ2年生なのか。末恐ろしいな・・・ もう1人、良い動きをしているホワイトも2年生。USCは来年以降も強そうだ。

オレゴン州立大学も最後のあがきを見せる。残り3分を切ったところで何とかタッチダウン。トライフォーポイントも決めて20−28。

けど、反撃もここまで。結局、20−28でUSCが勝利。18連勝中ですか・・・ 全米No.1はだてじゃないって感じですな。

2004年08月 09月 10月 11月 12月