▽サクラ大戦V EPISODE 0

PlayStation2用ソフト、
『サクラ大戦V EPISODE 0 〜荒野のサムライ娘〜』の(ちょっと辛口な)感想ページです。

ちなみに、この感想を書いてる時点でのプレイ時間は4時間と少し。ノーマルで1周クリアーしたところです。

(PS2)サクラ大戦V EPISODE 0 表 (PS2)サクラ大戦V EPISODE 0 裏
対応機種:PlayStation2
発売日:2004年9月22日
希望小売価格:7,140円
ジャンル:ドラマチックアクション

http://www.segawow.com/sakurataisen/v-0/

はじめに

基本的にアメリカの地方をいろいろ回りながら敵を倒して、そのあいだにドラマパートが入るゲームです。

ただし、登場人物が全く新しくなっているのと、戦闘シーンがアクションになっているのがこれまでのサクラ大戦との大きな違いです。

戦闘シーン

まずは、戦闘シーンの感想を。

戦闘シーンを一言で説明すると・・・ 『常に馬に乗ったままの真・三国無双2』といった感じ。ずっと、馬に乗ったままで戦闘する事になります。馬の乗り降りは考えなかったみたいですね(;つд`)

主人公が出来る攻撃は『斬る』と『特殊攻撃』だけ。『特殊攻撃』は手に入れた刀に応じて効果が変わります。一定の回数しか使えません。

その他、乗ってる馬も攻撃してくれます。『頭突き』や『ドリフト』で攻撃できます。相手のガードも崩してくれるので、馬が攻撃→主人公が追い打ちって連係攻撃もありです。

ゲームの後半は敵が強くなります。で、どうなるかというと、結局、敵に近づいて『斬る』を連打するのが効率が良いという事になります。

ハイスコアを狙おうと思ったらチェインをつなげるために馬の攻撃を取り混ぜる必要があります。逆に言うと、スコアをあきらめるた時点で、延々と斬るだけのゲームになってしまいます(;つд`)

このあたりのプレイ感覚はゲームキューブで出ていたスターフォックスアドベンチャーにかなり近い物があるような気がしました(;つд`)

戦闘シーンというか、リアルタイムレンダリングのシーン全体に言える事ですが、全体的にしょぼい。『PlayStation2の実力ってこんなに低かったっけ?』って、最初に見たときはびっくりしました。

全体的に、ドリームキャストレベルのような気が・・・ 敵が多数出てくるシーンがあるので、それにあわせてあるんでしょうかねぇ? それにしても、ちょっと、どうかって気もしますが。

あとは、ゲームシステムにもいくつか問題が。

ポーズをかければ全体マップは出るのですが、肝心の、次の目標地点は出ません。ゲーム中、自分の周りのマップはありません。馬に乗ってて小回りのきかない状態で周囲のマップがないため、すぐそばの敵を探すためにぐるぐる回り続ける羽目になります。マップぐらいつけてください。お願いします(;つд`)

右スティックでカメラを自由に動かせるのですが、これが遅くて使い物になりません。ボスが大きく動いただけでついて行けなくなります。結局、馬の向きを変える→カメラを正面に向ける。この作業を繰り返す事になります。テストプレイ中、不満は出なかったのでしょうか(;つд`)

ちなみに、カメラを正面に向けるのはL1・R1で瞬時に出来るはずですが、壁に引っかかるときは動いてくれません。すごくストレスたまるんですけど(;つд`)

あと、洞窟(?)の中を進むシーンとか、夜間の戦闘などで、どう考えても画面が暗すぎるシーンがあるような・・・ アクションゲームとしてありえないほど画面が暗いんですけど、デザイナーさんはどんなモニターで調整してるんでしょう?

馬にのって刀を振り回してる相手に空を飛ぶ敵を出さないでください。お願いします(;つд`)

ドラマシーン

ドラマシーンの感想を。っていうか、シナリオの感想かな(笑)

まず、最初の印象が『刀持った少女がこんなに強くて良いんでしょうか?』 これじゃぁ、光武必要ないんじゃ・・・? まぁ、このあたりは、あかほり先生が何とかしてくれるんでしょう。たぶん。

“野良蒸気”ってひびきからして大爆笑させてくれましたが、このあたりも、ちゃんと、シナリオとか世界設定で整合性を取ってあるんでしょう。たぶん。

馬がハムを食べるシーンがありましたが・・・ 馬って草食性では? アメリカの馬は違うんでしょうか? まさか、これが何かの伏線だという事はないと思いますけど。

あと、相変わらず敵が頭が悪いのはどうにかならないんでしょうか? 30以上の町を壊滅させておいて、女の子一人言う事を聞かせられないとは・・・ まぁ、その悪役の言う事をきく部下も不思議なんですけど。サクラ大戦も新シリーズなんですし、このあたりもどうにかしませんか?

感想

その他、全体の感想です。

アクションシーンでぼーっとしてるときに流れる音楽。時のオカリナのエポナのBGMに似てるような気がしたんですけど気のせいでしょうか? リンクに対するオマージュ? って、田中公平先生が時のオカリナをやってるのかどうかは知りませんが(´∀`;)

このゲームには複数の隠しキャラが存在する事が判明しています。とりあえず、普通に難易度ノーマルをクリアすると大神一郎が使えるようになりました。

個人的な予想ですが、次は、『大神一郎でクリア』もしくは『難易度ハードでクリア』のどちらかで別のキャラが増えそうな気がします。どちらにしてももう1周ですか・・・ _| ̄|○

ゲームのおまけに『サクラ大戦Xプレビュウディスク』というのが入ってました。見ました。あまり、見る必要なかったかもしれません・・・

あえて言うなら、それぞれのキャラクターの自己紹介ぐらいでしょうか。価値があったのは。スタッフインタビューは収録方法を考え直した方が良いと思います。熱く語るあかほりさとるは、あまり、アップにして良いものじゃ無いような気がします(;つд`)

全体の感想ですけど、ぶっちゃけ、定価分の価値があるかどうかは疑問が残ります。

シナリオは・・・ 話は大きいですけど謎解きとかは中途半端なままです。というか、サクラ大戦Vの本編の前にこんなシナリオやって良いんでしょうか?(´∀`;)

話の盛り上げ方、内容も・・・ ん〜 よく言えば今まで通り。悪く言えば進歩がありません。せっかくのアメリカ横断なのにロードゴーイングムービー的なノリはほとんどありません。資料が間に合わなかったのかな?

過去のサクラ大戦を全てやってるような人なら、どっちにしてもすぐに買うんでしょうけど、そうじゃない人にまでおすすめできるかと言われると・・・

ん〜 微妙(´∀`;)

(´-`).。о〇(しばらく待てば値崩れしそうな気がするんで、それからなら少しはおすすめできるかなぁ・・・)


[Game] Presented by ta3 [2004/9/22]