▽勝手にゲーム大賞2004

2004年のあいだに買って、クリアーしたソフトの中から一番おもしろかったソフトを勝手に決めてしまうコーナーヽ(´▽`)/

すべて、独断と偏見有りの個人的な判断ですので、順位へのいちゃもんは受け付けません。あらかじめご了承ください。

ちなみに、単純な移植作品は対象から外してあります。ファミコンミニのシリーズやエスプガルーダが順位に入っていないのはそのためです。たぶん。

10位『ジャイアント・ロボ THE ANIMATION』

10位『ジャイアント・ロボ THE ANIMATION』
対応機種:PlayStation2
発売日:2004年11月3日
希望小売価格:6,090円(税込)
ジャンル:対戦アクション
http://www.d3p.co.jp/giantrobo/

いきなり、これが10位って言うのも我ながらどうかと思うけどw

まぁ、でも、対象になった作品から冷静に選ぶとこれが10位になっちゃうので仕方がないかな。

このゲームは・・・ かなり購入者が限られてるんだろうなぁ。そもそも、OVAのジャイアント・ロボを題材にゲームを作って売れると思えないしw

同人ゲームにするならまだしも、PS2で作って実際に販売しちゃうところがすごい。ボイスもとりなおししてあるし・・・ ゲームの内容も、まぁ、ジャイアント・ロボのファンなら怒らないレベルまで作り込んであるかと。

もちろん、もっとやって欲しかったところとか山のようにあるけど、そこまで贅沢が言えないことはファンならわかってるだろうしねぇ。

個人的には、値段分の価値はあったと思うし。良い買い物だった。たぶんw


9位『ゼルダの伝説 4つの剣+』

9位『ゼルダの伝説 4つの剣+』
対応機種:ゲームキューブ
発売日:2004年3月18日
希望小売価格:5,800円
http://www.nintendo.co.jp/
ngc/g4sj/

全然期待しないで買ったらおもしろかったソフト。

タイトルからして、多人数向けのゲームがメインなんだけど、そこを無視して、ハイラルアドベンチャーだけをプレイw

これが想像以上に出来が良かった。GCの能力を余裕を持って使った2Dゼルダで素直に楽しめた。シナリオとかトリックとか、基本的に昔のネタの使い回しなんだけど、総集編だと割り切ればこれはこれでありかと。

まさか、2004年になってこんなの出来の良い2Dゼルダが遊べるとは・・・ って、感動してたら、さらに上を行くソフトが出ちゃうとはww


8位『ファントムダスト』

8位『ファントムダスト』
対応機種:Xbox
発売日:2004年9月23日
希望小売価格:5,800円
ジャンル:タクティカルアクション
http://www.xbox.com/assets/ja-jp/
games/phantomdust/index.html

体験版が悪くなかったので買ってみたソフト、かな。

幻魔大戦みたいなキャラを使ったオンライン対戦ソフトって思いつくのは簡単だけど実際に作るのは大変だと思うんだよね。特に、バランス調整の部分で。

そういう意味で、これだけしっかり遊べる形に仕上げたのはすごいな、と。ストーリー的にもおもしろいし、これ1本だけで終わるにはもったいない。続編を出して欲しいけど・・・ 難しいかなぁ。

気になるところもいろいろあるけど、全体としては悪くないと思う。この、とがった部分を残したままで次のソフトを出して欲しいねぇ。

あと、バランス調整に1年かけたらしいけどこれはやりすぎかな、と。


7位『グランツーリスモ4』

7位『グランツーリスモ4』
対応機種:PlayStation2
発売日:2004年12月28日
希望小売価格:7,665円(税込)
http://www.playstation.jp/
scej/title/gt4/main.html

良くできたグランツーリスモシリーズの最新作。

PS2の限界だろうと思ってた画質も進歩させてたし、B-Specモードとかも良くできてた。

ゲームとしてのボリュームは異常。車種・コース・レースとどれをとっても、一本のゲームとしては考えられないぐらい充実してる。

ただ、他が進歩してるだけに敵車のAIが頭悪いとか、車が壊れないとか、悪いところが目立ったのも確か。

オンラインモードをすっぱり別にしちゃったのに値段は高いままだしねぇ。これ、本当にオンライン向けは出るんでしょうか?

全体としては良くできてて、普通の人には文句なしにお薦め。けど、個人的には7位で。


6位『Halo2』

6位『Halo2』
対応機種:Xbox
発売日:2004年11月11日
希望小売価格:6,800円
http://www.xbox.com/
ja-JP/games/halo2/

FPSの傑作、Haloの続編。

ストーリーはなかなかびっくりな展開でおもしろかった。ちょっと、中途半端なところで終わっちゃうけど・・・ これ、Halo3はXBox2なのかなぁ。

このゲームのメインはオンライン対戦だと思うんだけど、そこも、さすがに良くできてる。文句なし。

何というか・・・ FPSってジャンルが出来てからそんなに時間はたってないと思うんだけど、すでに、囲碁とか将棋のレベルでやり混んでる人がいるような。

スーパーサイヤ人レベルの人とはどんなにやっても勝てないって思わされちゃう。そこで、中途半端にレベル補正するわけにも行かないだろうし・・・ なにか、良いアイデアはありませんかねぇ。

すっぱり、上級者とそれ以外で住む世界を分けるのが正解なのかなぁ。

まぁ、1年はのんびり遊ぶだろうから、そういう全体の評価も含めて6位。


5位『リッジレーサーズ』

5位『リッジレーサーズ』
対応機種:Xbox
発売日:2004年11月11日
希望小売価格:6,800円
http://www.xbox.com/
ja-JP/games/halo2/

リッジの正統派続編。

リッジVであれだけ裏切ってくれたナムコが、ようやく、まともな続編を出してくれたって感じ。

ゲームとしての出来の良さはもちろん、PSPっていうハードの良さとも相まって、全体として、かなり評価できると思う。

音楽も良かったしレースの難易度、ボリュームも文句なしかな。

『リッジ復活がめでたいヽ(´▽`)/』とか『PSPの発売にこの出来はすごい』とか、いろいろな評価も含めて5位


4位『ルミネス』

4位『ルミネス』
対応機種:PSP
発売日:2004年12月12日
希望小売価格:3,990円(税込)
http://lumines.jp/

PSP向けの没入型パズルゲーム。

毎日やってれば自分の成長を感じることが出来る。ゲームのルールはシンプルなんだけど、それだけに、やってるあいだののめりこむ感覚はこれまでになかったんじゃ・・・?

個人的には、Rezで失敗した感覚をこれで取り戻したんじゃないかと思う。いや、Rezはあれはあれでおもしろかったんだけど。

Lightsを初めてやったときは感動したなぁ。こういう感動を与えてくれるゲームってものすごく減った気がする。


3位『シャイニング・ティアーズ』

3位『シャイニング・ティアーズ』
対応機種:PlayStation2
発売日:2004年11月3日
希望小売価格:7,140円(税込)
ジャンル:RPG
http://shining-tears.jp/

シャイニング・フォースの名前を借りた2DアクションRPG?

まずオープニングでうけた。まさか、タイトルを叫ぶとはー!(笑)

ゲーム自体は『2D無双』って表現がぴったりかと。コーエーの『真・三国無双』を2Dにしちゃった感じ。PS2には珍しいタイプだと思うんだけど、それにしては(?)良くできてる。続編を出して欲しいタイプのソフト。

後半のバランスは投げやりすぎるかと。敵をいっぱいだしゃー良いってもんじゃないんだから(;つд`)

ストーリーとか良くできてると思うんだけど、システム的にはもっともっと改善の余地があるかなぁ。時間が足りなかったのかな。

と、これだけ苦情(?)を言っても第3位。ストーリーの良さとか、将来への期待も入ってます。

で、『ティアーズ』ってタイトルにはどういう意味がー?(笑)


2位『モンスター ハンター』

モンスターハンター

対応機種:PlayStation2
発売日:2004年3月11日
希望小売価格:6,800円(税別)
http://www.capcom.co.jp/
monsterhunter/

恐竜世界向けのPSO?

これが2位ってのは不思議な感じだけど・・・ 冷静に考えるとものすごいプレイしてるんだよね。これ。プレイ時間が軽く300時間超えてるという恐ろしい状況。そう考えると、自覚がないところではまってたのかな、と。

やってることは素材を集めて武器を作るだけ。 ・・・本当にこれだけだな(笑)

シナリオ的にも似たようなパターンばかりだし、敵のバリエーションもそれほど多いわけでもないし、システム的にも、まだまだ、改良する余地はあるし・・・ それでも、これだけプレイさせる魅力は何なんでしょう?

オンラインだから? それとも、単純作業の繰り返しだから? ストレスが少なくなるようにデザインされてるから? このあたり、冷静に分析するとおもしろいのかも(笑)


1位『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』

1位『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』
対応機種:ゲームボーイアドバンス
発売日:2004年11月4日
希望小売価格:4,800円(税込)
ジャンル:アクションアドベンチャー
http://www.nintendo.co.jp/n08/bzmj/

良い意味で、ものすごくびっくりさせられたゼルダの伝説。

カプコンが制作だって事だけ事前に知ってたんで、あまり期待せずにプレイを始めたら・・・ まさか、こんなに丁寧に作り込まれてるとは!

ほんと、こんなに出来の良い2Dゼルダが2004年になって出来るなんてものすごくびっくり。一通りプレイしてもまだ信じられないぐらい。

どこも、文句のつけようがない出来。システム的にも、世界観や音楽、シナリオ、登場人物・・・ どれをとっても良くできてる。しかも、ストレスを感じさせない出来。

冷静に考えると、ガチャフォースといいこのゼルダといい、最近のカプコンって良い仕事してるんじゃ? その割に、どれもあまり売れてないように見えるのは・・・ 何なんだろうねぇ。

このあたりも、冷静に分析するとおもしろいのかも(笑)

文句なしの1位。買って良かった。これをやらずにいたら、ゲーム人生損してたね。きっと。


選外

『ピクミン2』が次点かな。出来は悪くなかったんだけど・・・ なんだろう? 何か、あと一歩足りない感じ。この『あと一歩足りない』ってのが、最近のゲームのキーワードか?(笑)

NDSの『さわる メイドインワリオ』『きみのためなら死ねる』『直感ヒトフデ』とか、どれもおもしろかったんだけど・・・ どれも、あと一歩足りないかな。

『さわる メイドインワリオ』と『きみのためなら死ねる』は・・・ ミニゲーム集っていうのはゲームソフトとして有りだと思うんだけど、どっちも、ゲームをさせるための動機付けが弱かった感じが。

『さわる メイドインワリオ』は、そもそも、動機付けをあきらめてるし『きみのためなら死ねる』はストーリーをつけたけど・・・ ん〜 なんだろう。どっちも、心に残るほどじゃなかった?

まとめ

怖くてここには書けないぐらい、いっぱい、2004年はゲームソフトを買ったはずなんだけど・・・ 良いゲームの数は例年通り、普通?

いや、あたりが何本かあっただけでもましなのかな。そういう意味では、ゲーム市場が縮小してるってのも仕方がない気がするね。

ハード別に見るとPS2が4本で最多。あとはXBoxとPSPが2本。GCとGBAが1本ずつ。ソフトウェア全体の売り上げで見ると、XBoxは大健闘か?w

GBAが1本ってのは少ない気がするけど・・・ クリアしてれば『ゲームボーイウォーズアドバンス1+2』がランクインしてたかも。個人的には『逆転裁判3』と『トルネコの大冒険3』がちょっとおしいできだったかな。

GCは・・・ 『ピクミン2』が次点に来てるけど、やっぱり勢いがないのは否めないね。

2005年は・・・ すでに2ヶ月ほど過ぎてるけど、今のところ『すげー!』ってほどのゲームとは巡り会ってないかな。

このあとの購入予定だと『シャイニング・フォース ネオ』にちょっと期待かな。GCのゼルダ新作は今年中に出るんでしょうか?

あとは・・・ 買ったけどプレイしてないソフトを何とかする年にしたいな、と(笑)


[Game] Presented by ta3 [2005/2/26]