▽北へ。
 〜Diamond Dust +
  Kiss is Beginning.〜

PlayStation2用ソフト、『北へ。〜Diamond Dust + Kiss is Beginning.〜』の攻略&感想ページです。

(PS2)北へ。DD+ 表 (PS2)北へ。DD+ 裏
対応機種:PlayStation2
発売日:2004年10月28日
希望小売価格:7,140円(税込)
ジャンル:トラベルコミュニケーション

http://www.kita-he.com/

攻略

イベントCGを全て集めるためのルート紹介です。言うまでもないですけどネタバレです(´∀`;)

参考にする方は自己責任でお願いします。

表ストーリー裏ストーリー
茜木温子1茜木温子2
原田明理1原田明理2
北野スオミ1北野スオミ2
朝比奈京子1朝比奈京子2
白石果鈴1白石果鈴2
催馬楽笙子
まふゆ

感想

プレイしての感想は『良くできてるファンディスク』。

ファンディスクにしてはちょっと値段が高いけど、前作が好きだった人なら買って損はしない出来だと思う。これで3,800円ぐらいなら最高なんだけど・・・ たぶん、今の値段でも売り上げはほとんど変わらないと思われてるんだろうなぁ。実際、そうだろうし(笑)

基本的に背景や音楽、ムービーは使い回し。前作になかった部分もあるけど、素材としての撮影は同時に行ってる・・・ というか、今回のために新しく撮影した素材はほとんどないんじゃないかな。

結局、このゲームで一番大事なのはシナリオな訳で、そこが、前作のファンを裏切らない出来かどうかが問題。個人的には、どれも、及第点を与えていい出来だと思う。

話の内容としては前作のエピローグとエンディングのあいだを埋める内容になってる。ただ、プレイヤーの選択次第では前作のエンディング以外の終わり方もある、と。

個人的には、前作のエンディングよりもっとよくなる(?)ようなエンディングがあったら面白かったと思うんだけど、まぁ、それをやると“前作のエンディングはなんだったんだ?”ってことになるから仕方がないかな。

キャラごとの話で言うと、まふゆの話とか良かったかな。お約束と言えばお約束の展開なんだけど、そこで妙にひねらなかったのが良かった。あとは、北野スオミの話や原田明理の話も良かった良かった。

茜木温子は妙に難易度が高いんですけど・・・ まぁ、それはそれで良し。難しいキャラがいるおかげで、逆に、まったりしたキャラが引き立ってる気もするし。

全然関係ないけど、声優的にも面白いのかな。話題の石原絵里子さんとか能登かわいいよ能登さんとかね(笑)

個人的には、買って良かったな、と。北海道行きたくなったし(笑)

また、2年ぐらい後に北へ。の新作をやってみたいな、と。


[Game] Presented by ta3 [2004/11/4]