▽ヒカルの碁2

ゲームボーイアドバンス用ソフト、『ヒカルの碁2』の感想ページです。

この感想を書いてる時点で、1周終了。ちなみに、和谷エンドでした。

ヒカルの碁2 表 ヒカルの碁2 裏
対応機種:ゲームボーイアドバンス
発売日:2002年7月18日
希望小売価格:5,040円
ジャンル:スーパー囲碁

http://www.nintendo.co.jp/n08/software/akej/

感想

良くできてる囲碁ソフト。

気楽に囲碁を楽しみたいときは『フリー対局』で対戦しても良いし、『サバイバルモード』で碁石集めをやっても良い。『キャンペーンモード』は、ほぼ、原作通り。院生になったところからプロ試験合格まで、原作に出てくる多彩なキャラと囲碁で勝負できるぞ!

GBAだからって事もあるんだろうけど、CPUがそんなに強くないのが良い。俺みたいな超初心者でも、ちょっとがんばれば負け無しでキャンペーンモードをクリアできる。たまに、ムキになって打ち込んできたりするけど、基本的にはあきらめの良いタイプの思考ルーチンだな。まぁ、ごり押しで汚いだけの思考ルーチンよりずっとマシ。

キャンペーンモードはかなりボリュームがある。っていうか、ボリュームありすぎ? キャラごとのエンディングを見ようと思ったら、それぞれのキャラの親密度を高くする必要があるんで・・・ 全キャラのエンディングを見ようと思ったらどれだけ時間がかかる事やら。

操作性とか、少し気になるところもあるけど良くできてる囲碁ソフトだと思う。全クリアとか目標にしないで、毎日、だらだら遊ぶには最適。もうちょっと思考ルーチンを強くして、NDSで続編出してくれないかなぁ。


[Game] Presented by ta3 [2005/11/15]